二つの顔を持つ加賀染め綿絽浴衣を雪輪にトンボ柄の帯と加賀染め足袋でコーディネート

坂口さんの加賀染め綿絽浴衣を雪等にトンボ柄の帯でコーディネート

季節の変わり目なのか変化に乏しい日が続いています。

店を切り盛りする側としたら不安な気持ちになりますが、見方を変えれば夏商戦に向けての下準備の時期でもあり、品揃えは十分であるかとか、魅力的な店をどうしたら創れるのかなど、クオリティの高い店作りに知恵を絞っているところです。

 

中でも新しいお客様との出会いを増やすことに力を注いでいますが、簡単でないことを思い知らされています。

 

考えさせられるところがいろいろありますが、自分を信じて他店との差別化を図れる店にしていきたいと、コツコツ積み上げることを忘れないように心掛けているところです。

 

 

さて今日は加賀小紋を染めていらっしゃる坂口さんの加賀染め綿絽浴衣を単衣のきものとしてコーディネートしてみたのでご覧ください。

 

 

 

坂口さんの加賀染め綿絽浴衣を雪等にトンボ柄の帯でコーディネート
坂口さんの加賀染め綿絽浴衣を雪等にトンボ柄の帯でコーディネート

 

セレクトした綿絽浴衣はグレー地に竹に雀柄のきもので、全体に模様が出るきものをひとまとめできる濃い地の帯でコーディネート。

 

装いが濃い地の帯で締まる組み合わせで、小粋さも表現できていると思っています。

 

 

 

墨色・雪輪にトンボ柄の麻染帯
墨色・雪輪にトンボ柄の麻染帯

 

合わせた帯は雪輪のトンボ柄で、お太鼓柄であることからスッキリしていて、模様が右寄りになっている点がお洒落かと思っています。

 

グレーと墨色の組み合わせで渋みがありますが、それが小粋さをかもし出していると言えるでしょう。

 

5、6月はこのような単衣のきものとして着ていただいて、7,8月になれば単衣半幅帯で浴衣としてお召いただける、二つの顔を持つ加賀染め綿絽浴衣です。

 

 

 

加賀染め足袋「風鈴に竹」
加賀染め足袋「風鈴に竹」

 

きものらしく着るには長襦袢と足袋が必要とされていて、今回のコーディネートでは加賀染め足袋の風鈴と竹の白足袋で装いのクオリティを高めてみました。

 

さりげないお洒落感があって素敵でしょう・・・

 

こちらの加賀染め足袋は店が開発したオリジナル品で、現在Makuakeから販売されているものです。

 

 

 

 

加賀染め足袋
加賀染め足袋

 

店のホームパージからMakuakeのサイトへ繋がるので、是非ご覧いただければと思っています。

ちなみに一番人気は隈取り柄だと娘から聞いております。

 

加賀染め浴衣を加賀染め足袋で合わせるという、当店ならではのオンリーワンの着こなしを楽しんでみてください。

 

話題が加賀染め足袋に向いてしまいましたが、訪れた季節をきもので楽しんでいただけたら、とても嬉しく思います。

 

では今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ