ゆかたのプレタと反物の違い

暑い日が続いていることもあって、今日は浴衣がよく動きましたね~
この時期、お客様が選ぶ浴衣は反物から仕立てるタイプで、初夏の着物として着られる柄を探しているお客様が多い事を感じています。
私に店では例年5月は反物のゆかた、6月はプレタのゆかたと言って具合にお客様の層が違うんですよね~・・・・・
そこで、浴衣の仕立て上がったプレタタイプと反物から仕立てるタイプとの違いを少し書いてみることにします。
プレタタイプはすでに着物として仕上がっていて、即日着れて初心者には解かりやすく合理的です。
デパートや量販店でもこのプレタタイプの取り扱いが増えていますが、着物の寸法が160センチ~165センチ位の身長に合わせた仕立て方をしています。
従って身長が150センチ前後の小柄な人や170センチ近くある大柄な人には適さないんですよ・・・・
又、160センチの身長であっても肥えている方は身幅(みはば)が足りないこともあるのでご注意下さい。
反物から仕立てるタイプは仕上がりが解かりづらく、選んでから仕立てる訳ですから時間もかかり わずらわしい所もありますが、着る人の寸法に合った着物になります。
当然のことですが、着やすいですよね~
私の個人的な意見ですが、浴衣であっても採寸をしてから仕立てる方が親切でいいように思うのですがね・・・・・・
しかし、その反物のゆかたが以前と比較して少なくなってきています。
既製品に慣れてしまったお客様のニーズが着物業界にも浸透しているみたいです。
この流れ、皆さんはどうお考えですかね~

貴方のクリックが明日への力になりますm(_ _)m
banner_03.gif

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

ゆかたのプレタと反物の違い” への2件のフィードバック

  1. おきらくかーさん

    おひさしぶりです。
    以前に購入させていただいた「ゆかた」。母親も妹も姪っこも柄を気に入り、そして母の友だちが縫ってくださることになりました。しかーし!、出来上がった浴衣はどうも姪っこのものになりそうな感じ・・です。(そうなると思ってた私)
    ちなみにあの可愛い柄のキャミ&ショーツもお気に入りのようです。
    5月23日の日経新聞に「女30代普段も浴衣」という記事がありました。20代の購買が多かった昨年に比べ、30代・普段の外出時にも・既製品よりオーダーメード・ワンピースを買うような感覚で2着目、3着目を購入、などが多いそうですよ。

  2. ふくしま

    おきらくか~さんへ・・・・・
    コメントを頂、とても嬉しく思っています。
    私も日経新聞の記事を読みました。
    私の店でもそのような傾向がここ数年続いていて、大人の浴衣が注目されていることを感じています。
    ところで、当店で買って頂いた商品が満足して頂けたみたいで嬉しく感じています。
    ありがとうございました。
    まだ公にはしていませんが、7月に浴衣パーティを企画しています。
    姪っ子さんと遊びにいらしてみてはいかかでしょう
    詳しい内容については店頭でお知らせをしていましので、立ち寄ってみて下さい。
    それとは別に、またお会いで来ることを楽しみにしたいます。

ただいまコメントは受け付けていません。