田舎の風景

今日の夜は何かと忙しくて記事がまとまらない状態でパソコンに向かっています。

そこで外回りをしていて残しておいた田舎の風景をアップしてみることにしました。

 

inakanofuukei.JPG

今日は爽やかな秋晴れ・・・(とは言っても車の中はエアコンを付けていましたがね~)

こんな日は山間部に向かいたくなります。

 

まず先に目に止まるのが、私のお気に入りのスポット。

山の間から手取川が町へと流れ、小さな滝が太陽の光で輝いています。

私にはこの輝きが人の心のように視えて仕方ありません。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

ここから故郷の営みが始まるような気がして、穏やかな世界に足を踏み入れる私の入り口。

 

zinnzilyanoomaturi.JPG

しばらく車を走らせると、青と緑の空の中でゆっくりたなびく神社のノボリ。

 

なんと静かな風景でしょう・・・・・

気忙しく動く人や車の影はなく、私を見てくださいと言わんばかりにノボリがゆっくり空を泳いでいます。

omaturinonobori.JPG

少し離れた所には、民家の屋根より遥かに高い、こんな大きな、それも昔の時代絵が描かれたノボリのようなものが・・・・・

 

この地域のお祭りが近づいているのでしょう・・・・・

おそらく昔から伝わる秋の収穫が終わった後の、感謝を祝う秋祭りなのかも。

 

それにしても勢いたるものや見事で、町の伝統と結束のようなものを感じさせられます。

 

私はこの町内の歴史をよく知りませんが、ここは白山市鳥越地域の別宮町というところで、山に囲まれた
自然がいっぱいの農村地です。

 

そして、そこから奥に入ると力強い手取川が谷の間から見えて来ます。

 

kaikoku.JPG

橋の上から覗くと深さはどれくらいあるでしょう・・・・・(40m~50m近くあるんじゃないかな~)

紅葉に季節などは見事ですよ。

 

この橋の上で大阪から来ていたカップルに写真撮影を頼まれましてね~

見慣れた風景ですが都会の人にはご馳走のような自然なのかもしれませんね。

 

こうして自然を楽しみながら外回りをする私でしたが、考えてみると寄り道をしなから仕事をしていると時間のロスというものが出てきます。

 

そのことを人の生き方と例えるのなら、わき見もせず目的地まで真っ直ぐに本線を走ると早くたどり着くのかもしれませんが、それでは味気ないものです。

 

本線の脇道には、楽しいことや感激することがいっぱい潜んでいます。

 

少しぐらい遅れたって大丈夫。

その時その時を楽しみ、心豊かにしながら本線に戻り進めばいいのです。

それが人生の味というもの。

 

そんなことを考え店に戻った私でした。







 

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ