秋一番の着物コーディネート・うさぎ柄の置賜(おいたま)紬

 随分涼しくなったこともあり、商品の入れ替えを始めました。

夏物を下げ、秋の香を感じる売り場作りです。

 

この作業がなかなか地味な仕事でしてね~

冷房が入らない蒸し暑い倉庫部屋で、商品の出し入れを繰り返す一日でした。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

秋のしつらえが整うまでには、しばらく時間がかかりそうです。

 

 

011oitamatumugi-1.JPG

 

ここにアップした写真は、山形県で織られた置賜(おいたま)紬という織り物の紬です。

 

仕事がら秋と言えば最初に思い付くのが「お月見」で、十五夜と関連性の深い うさぎ柄を紹介したものです。

 

着物には三日月とお星様まで入っていて、とても可愛い紬だと思いませんか・・・。

(黄色い色で織られています)

 

 

007usagigaranotumugiwoko-dhine-to.JPG

 

うさぎさんがとても可愛いので、楽しい雰囲気にコーディネートしてみました。

 

合わせた帯は黒っぽい紬素材の染め帯です。

 

柔らかな雰囲気の着物が、うさぎさんのグレー系の濃い色の帯を向かわすことで、全体がキリットと締まった感じになり、とても素敵な装いになったでしょ・・・

 

ほんの少しだけ秋を感じていただけたでしょうか・・・

 

 

この帯は、今回銀座で展示会を主催する仕入れ先からお嫁に来た商品でしてね~

その担当者が夕方店を尋ねてくれました。

 

今回初めて参加する訳で、9月10日・11日の銀座での展示会のことを気に掛けてくれていて、現在の状況を話すると、とても驚いていました。

 

10日は銀座で泊まることを話しすると、担当者は夜一緒に新橋で焼く鳥でもとうですか・・・なんて誘われましてね~

その日になってみないと判りませんが、気持ちだけは受け取りたいと思っています。

 

今回の展示会、ふたを開けてみないと判りませんが、ご案内状を送らせていただいた方には、おおよその来展日と時間を聞かせていただければと考えています。

 

だって、いつお越しになられるか、それとも予定が変わってこれなくなったのかが判断できないと、最後の最後まで、お客様をお待ちすることになり、他の予定が立たないことにもなりかねません。

 

だからお客様のご予定を聞かせていただきたいのです。

ちなみに11日・日曜日は最終便で戻るので、慌てないで予定を組んでいただければと考えています。

 

ご案内をさせていただいた方には、お電話を入れるかもしれませんが、どうかご理解を頂ければ幸いです。

 

この話はここで終わりにして、午後の2時半頃だったと思います、神戸のお客様から今日の午後4時頃に店に伺えると思うのですが・・・

そんな感じで電話が入りましてね~

 

時計を見たら1時間半後にお越しになられる・・・

こりゃ大変だ・・・。

 

店は模様替え中で、浴衣関係の商品が並んでいたコナーはガラガラ。

他も中途半端な状態で慌てました。

それに月初めと違い、お茶菓子も用意していません。

 

今回で3回目が4回目の来店で、緊張が緩和されたとはいえ、それでも満足していただける環境を整えてお迎えしたい。

 

ほころびを縫うようにして、売り場を片づけお迎えした次第です。

 

ご実家にお戻りになられているとの事でしたが、時間を割いてお越しくださいましたことを心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

気にかかる商品もあったみたいで、お戻りになられてからも心引かれるようでしたら 是非ともご連絡をください。

 

それではこれで今日を終わりに致します。

 

皆さんお休みなさい。

  

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ