秋の単衣物をおしゃれにコーディネート・単衣物の会が16日から始まります

 梅雨も明けて涼しい朝でしたね~

傷めた体も健康な状態に戻り、快適な朝を迎えることができました。

 

いつのようにオーディオのスイッチを入れ、流れ出るユーミンのリズムに合わせながらコーヒーを点て、しばらくは音楽鑑賞。

 

なんの変化もない時間ですが、幸せであることを実感できる時です。

 

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

そして、今日から少しずつ旅行の準備をしておかなければなりません。

手始めに、クローゼットを開けて着る洋服探し・・・

 

ところが、カジュアルの洋服となると、今時の着こなし術を熟知している訳ではありません。

手短に言うと、ダサいおじさんになってしまうことがあって迷うんですね~

 

こんな時、お母さんがいれば心強いのだが、それも叶わず勘だより・・・

「これでいいか~」、そんな感じで大ざっぱに取りだし、まずは仮押さえ。

 

足りないものは買い求めたいと考えているところですが、このような下準備が旅行の期待感を大きく膨らますのでしょう・・・

 

これが女性だったら、簡単に終わらないと思います。

生前の妻を知っているだけに、お母さんに振り回せていたかもしれませんね。

 

ということで、8月はプライベートで北海道旅行、そして仕事では、8月16日から24日まで「秋の単衣物の会」を開催します。

 

その準備を始めたばかりですが、その会に先駆けおしゃれなコーディネートをしてみたのでご覧ください。

 

 

001hitoeomesiwoko-dhine-to-2013nenn.JPG

こちらです。

 

柔か物のような風合いをしたベージュ色のお召しに、白っぽい地色に染めた、更紗柄のお太鼓柄を乗せてみました。

 

心がしびれるコーディネートだと思いませんか・・・?

一人で酔いしれていますが、これまで浴衣ばかり取り上げてきたもので、ようやく出番が来たかと心躍らせています。

 

業界では秋単衣というと、9月の中旬から10月いっぱいまでのことを言いますが、地球が温暖化へと進む中、11月の上旬頃まで、単衣の着物の出番があるかもしれません。

 

街着としての提案でもあるので、臨機応変。に考えていただければよろしいかと思います。

 

そこで、秋単衣の着こなしを考えた時、残暑が残る9月は、重たく当たる色の着物を避け、浅めの色目で組み立てるのがベターだと思います。

 

その事を考えてのコーディネートです。

 

ところで、映像では着物が無地になって見えますが、おしゃれを忘れていないのが私の見立てです。

 

 

002usaginoobidome2013nenn.JPG

画像を大きくすると、意図するものが見えてくると思いますが、縞柄になっているんですね~

それも市松に分かれた縞で、生地を半分にして、縞の幅を変えて織っています。

 

この技が憎いでしょ・・・

 

中央に置かれたウサギは、画像が締まらないもので単に置いただけのもので、水牛の角から作られた帯留です。

 

お月見の時期にこの帯留をコーディネートに加えても面白いかもしれませんね。

 

 

着物は主張せず「はんなり」とした色柄で大人の味を出し、帯やその他の小物で面白さを表現する、それも、スッキリと・・・

 

私の勘が戻ってまいりました。

 

秋の単衣物の会は旧盆の16日金曜日からスタートします。

帰省していらっしゃるようでしたら、是非、覗いてみてください。

 

それでは今日はこれにて・・・

お休みなさい。

 

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ