栗色の絞り染めの帯で単衣物をおしゃれにコーディネートしてみました

 お盆休みも終わり、今日から一斉に経済活動が始まりましたが、アットいう間に一日が終わってしまった気がします。
今から、これから、という気持ちが駆り立ててたからかもしれないが、長い間、お休みをいただいていた方にとっては、体の重い一日だったかもしれませんね。
店は商品の入れ替えに追われているところですが、同時に次の一手も考えなくてはなりません。
解っていても、涼しくならないと本気モードに切り替わらないだけに、中身の濃い、初秋の提案に届くまでには、もう少し時間がかかるのかも・・・

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

それでは今日の記事を綴ることに致します。
過ぎようとしている季節を追いかけるより、目の前に迫る季節をどのようにして料理するかが、店の使命かと考えるところがあります。
kuriironoobideosilyarenakimonoko-dhine-to9gatu001.JPG
そこで、単衣時期の街着として、おしゃれな着物コーディネートを紹介したいと思います。
それがこちらの映像です。
単衣らしいシャリっとした風合いの白っぽい小紋に、栗色の帯地を合わせて、近づく秋を表現してみみたものですが、どことなく秋を感じていただけるのではないでしょうか?
残暑が残るだけに、着物の色を浅めの色で組み立て、秋の香を帯でおしゃれをするというシンプルな合わせ方ですが、これが味があっていいんだな~
ここでは秋柄というよりかは、色をクローズアップさせたものです。
kuriironosiborizomeobi002.JPG
ポイントはなんといっても職人技の帯にあるのではないでしょうか?
栗色という言い方が正しいかは別として、節のある紬素材を葵柄を重ねて円形の模様にして、絞り染めしたもので、色を単色に仕上げているところに、装いの深みと、静かなおしゃれん感がにじみ出ているように思います。
こちらの装いで、収穫の秋を気の合う仲間と楽しめたらおしゃれでしょうね~
どうか9月から10月上旬の単衣の装いとして、色柄の気使いを忘れないようにして素敵な女性を演じてみてください。
夏が終わった訳でもないので、気の早い提案かもしれないが、いきなり袷の装いになりがちなだけに、単衣の装いも考えてみてください。
店からの提案です。
これで秋をイメージした一日を終えることができました。
明日のこの調子で、秋の店作りに汗を流すことが出来たらいいのだが・・・
それでは、お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ