浴衣商戦の前半戦を振り返ってみました・そして180㎝幅の「柳にカワセミ柄」の麻のれん

 日に日に夏らしくなってまいりました。

5月初めからスタートした浴衣商戦も折り返し地点となりましたが、6月に入って浴衣に対する関心度が低いのか、思うような結果を残せていません。

そこで今日は前半戦の浴衣商戦を振り返ってみたいと思います。

量販店やネットショップでの浴衣販売戦略が激しくなる中で、地元呉服店さんは、年々浴衣の品揃えに消極的で、採り上げるか否かがハッキリしてきた感じがいたします。

私に店としては、浴衣需要は着物入門編と捉えていて、着物愛好家のすそ野を広げる意味でも、店になくてはならないものだと思っています。

新しいお客様との出合いも増えますし、店の性格を知っていただける機会でもあり、大きなビジネスチャンスです。

それだけに、量販店とは違った品揃えであることに心がけている訳ですが、東日本震災以後、浴衣需要に陰りが見え始めていることを感じております。

そんな状況下の中でも、懲りずに「今年こそは」と思いつつ、他店と差別化を図る意味で、浴衣のグレードを上げた品揃えで2016年に臨んでみました。

その甲斐あって5月は順調に商品が動いたものの、6月に入って5月の勢いが衰えていましてね~

とても心配しています。

全国の専門店さんの浴衣情報を掴んでいないものでなんともいえませんが、今年こそ浴衣を揃えてみたいと考えていらっしゃる方は、早い段階に動かれたのではないでしょうか?

それ以外の人は市場の動きを静観している感じが致します。

私の想像ですが、父の日が終わった20日過ぎに、量販店がチラシなどで広告を打ち出すのではないかと考えていますが、その刺激剤が眠っている浴衣需要を掘り起こすのではないかと考えています。

その時が勝負時です。

我慢の日が続きますが、浴衣専門店としての役割を果たせるよう信念を持って他店と戦いたいと考えています。

と、言いながらも心境は穏やかではありません。

CSC_0012iltukennhabanoasanorenn.JPGこちらの映像は180㎝幅の麻のれんを映したものです。

模様は柳にカワセミです。

この地域は旧家が多いこともあり、このような一間巾ののれんの需要がありますが、これだけ大きいものは あまり作られていません。

住まいに風を通す季節が訪れただけに、このようなのれんを提げるスペースがあれば、インテリアとしても活用することができ、夏の風情を味わえるだけに紹介してみました。

お値段は税込51,840円の品になります。

参考にしてみてください。

さて、今月も半分が過ぎて7月に向けての販促を考えなければなりません。

そこで販促会議を開いてみました。

しかし販促会議と言っても名ばかりで、会議の出席者は私ともう一人、私の心の中にいるいる自分。

新しい知恵も限られていて、プランを積み上げては壊す繰り返しで、いつしか眠気が襲うというお粗末さ。

先が思いやらそうです。

それでは、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ