素直な気持ちが「決算は辛い・涙市」というタイトルになりました

  まず一つ、7月の販促物が仕上がりました。

それは決算を前にして、在庫を減らすための割引セールです。

DSC_0002namidaiti.JPGサブタイトルは「決算は辛い」。そしてタイトルは「涙市」で間に「・」が入っているのは流す涙をイメージしたものです。

期間が7月23日(土)~27日(水)までの5日間。

ここには私の辛い気持ちが盛り込めれていましてね~

決算が近づくと、決まって会計士さんから在庫を、なんとか減らしてくださいと助言されるんですね~

折しも販促物を作り始める時は、新作の浴衣や下駄などの夏物をお嫁に出さなくてはならない時期だけに、商品の動きを見ながら7月のイベントに向けての扱いを考えなくてはなりません。

一つの区切りを自ら判断して、持越し品が一点でも少なくなるように工夫しなくてはならないのですが、今月は浴衣関連商品の動きが悪く、その先に待っているのはセールです。

セールをするために新しい商品を揃えている訳ではないので、娘たちが在庫というキーワードに引っかかってくるんですね~

夏物はセミや蛍のような人生かと思うと、言い知れぬ寂しさがあります。

それがとても辛くてね~

また、夏物以外は売り場の奥にしまっていて、お客様からのご相談があれば商品を出すようにしているのですが、決算期になると在庫金額が驚く金額になっていて、これを何とかしなくてはならないのですが、セール時期が年間で最も暑い時期とあって、お嫁に出しにくい時なんですね~

とは言うものの、決算を控えていることからセールには商品を売場に出しますが、気にいって仕入れた娘たちに割引の値段を付けるというのは、非常に辛いものがあります。

一方で売り上げを積み重ねるという責任を背負っていて、在庫を少なくするために取る判断に苦しめられていますが、その気持ちが素直に「涙市」というタイトルになったものです。

改めて、お客様に役立つ店を築き、そして、店を継続することの難しさに苦しめられた数日だったかもしれません。

悶々とするものがありましたが、涙を呑んで作りかけの販促物に筆を走らせた私でした。

経営者って、このようなことの繰り返しで、経済の動向や業界の動きを見極めて駒を進めていかねばなりませんが、答えをお客様が持っているだけに真摯に仕事と向き合って安心と信頼を築いて行ける店にしたいです。

それでは、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ