故郷を感じさせられる古布のタペストリー・そしてお客様から高い評価をいただいて・・・

  日曜日は来客も少なく仕入れ先も顔を出すことがないので、物事を考える上では絶好日といえる日です。

なので、日曜日を有効に生かさなくてはなりません。

何をしていたかと申しますと、重い腰を上げて10月21日(金)から開催する神無月展の販促物の制作です。

そのタイトルは「信州紬展」。

いつものように、筆を持ち会のタイトルから書き始めたところですが、伝えたいことがまとまらずなかなか前に進めません。

店の案内状おぼしき販促物は一部のカットを除いて全て手書きで、墨色一色で仕上げていることから言葉や文字をとても大切にしています。

まさにラブレターと言えるものですが、それだけに心に響くものが作られたと思うともう一人の自分がダメ出しの連続でしてね~

このことに悩まされていて、時間を無駄使いしている気がしてなりません。

私のレベルでできることなんて知れていますが、それでも魂が宿るものが作れたらと思っているところです。

DSC_0001kofunotapesutori-.JPGこの映像にある長さ95㎝ほどのタペストリーですが、昔の古き着物生地を使って作られた品とあってとても気に入っております。

田舎の風景を思わされるものがあって和まされるものがあるんですね~

好き嫌いがはっきりするものでしょうが、この時期に提げてあると趣があるでしょうな。

DSC_0005kofunotapesutori-.JPGみてください細かい仕事をしているでしょ・・・

DSC_0006kofunotapesutori-.JPGいろんな生地を使い立体感のあるものに仕上げていますが、量産できるものではないので希少価値のあるものといえるでしょう。

秋が来たことでお部屋の模様替えを考えていらっしゃる貴女。

心に響くものがあればご一報ください。

お値段は¥24.840の品となります。

ところで、馴染みのお客様の娘さんがあるものを探し店に寄ってくれたのですが、交友関係の広い方で知人もこの店を利用してくれているとの話を聞かされ、店のセンスを高く評価してくれていることを伝えられましてね~

私の知らないところで好感を持ってくれている人があるかと思うと嬉しいものがあります。

襟を正し現状に満足しないで、もっと素敵な品を紹介していかねばならないと戒めになる言葉かと思っています。

こうして日々ブログ記事を書くことも、季節の移り変わりと共の品揃えを変えていくことも、何一つとっても簡単にできるものではありませんが、何処かで誰かが見てくれていると思うと少しばかり報われるものです。

店のファンを増やしていくためにも細かな心遣いとお客様の目線で考えられる店でありたいものです。

加えて言うのなら、憧れを持てる商品を店で紹介していくことも大切なことかと考えています。

ともあれ、何事も諦めないで頑張らないといけませんね。

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ