石川県の着物専門店がお届けする2017年度の新作浴衣から竺仙さんの奥州小紋をコーディネート

   蒸し暑い一日でした。店内には今年初めて冷房が入り真夏の様相でしたが、まだ5月なんですね~ 

そのこともあり、涼しさを伝えられないかと思って夏かんざしで遊んでみました。

DSC_0023natukannzasi.jpgその映像がこちらですが少しやり過ぎだったかな~

飲食店や和菓子の店に間違えられそうですが、水に浮かべた緑の葉にはてんとう虫が潜んでいて夏の風情をお伝えできたのではないでしょうか?

どうでもいいことなのに、心のどこかで夏の風情と共に仕事ができればと思うことがあったのでしょう。

このようにして日本の夏を演出してみると違う意味で心も豊かになるものですね・・・

ところで、注文を入れていた最後の一反が店に届きました。

これで2017年度の新作浴衣がすべて揃い、月が替わる6月に期待を寄せているところです。

そこで今日は最後の竺仙さんから届いた奥州小紋で浴衣の装いをお届けしたいと思います。

DSC_0001ousilyuukomonnwoko-dhine-to.JPG雪輪に萩の柄を博多織の羅織のような組み方をした単衣帯でコーディネートしてみました。

本来浴衣が持つ夏の風情がここにあるのではないかと思っていますが、年代幅も広く着物を熟知していらっしゃる方には魅力を感じていただけるのではないでしょうか?

市場にはカラフルな浴衣が溢れていて、このような品がきもの専門店が取り扱う品といえるのかもしれません。

人の目を引くものではないかもしれませんが、人を包み込む優しさがあり知性を感じるものがあります。

これが古典柄にこだわる竺仙さんが作る浴衣でしょう。

店内はこだわりの新作浴衣が所狭しと並び、明日から始める6月に勝負を掛けたいと思っているところです。

どれだけお客様を呼び寄せられるか次の一手が臨めれますが、できることなら浴衣で過ごす夏の風情をお伝えできればいいのですが・・・

IMG_0833ohakamairi.JPGそして今日は妻の月命日でした。

花屋さんに出向くと妻が好きだった向日葵の花が目に入ったので妻に贈りました。

どれだけ時間が過ぎてもお母さんの存在を忘れることはなく、いつもあれこれ呟いていますが、私のひとり言だと思って聞き流していてください。

貴女が心の中にいてくれるだけで安心できるから不思議です。

風呂上がりに飲み干すビールの味に満足げな表情をしている顔が思い出されますが、今日はそんな日にふさわしい暑さになりました。

これから蒸し暑い日が続くかと思うが、明日は京都出張の日です。

一部の仕入れ先では迎春物の干支物が発表されるみたいで進む時の速さを感じています。

気ぜわしさは昔と何も変わっていませんが、家族の頭数も増えて、日々穏やかに過ごすことができるのもお母さんのお蔭なのかも・・・

これからも遠くから私たち家族を見守っていてくださいね。 合掌

それでは今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ