宝尽くしの訪問着を濃い地色の袋帯でコーディネート・そしていいものには価値があると言いたい

宝尽くしの訪問着

 少し涼しくなって、店には様々なご相談をいただくことになりその対応に追われています。

電話やメールをフル活用して物事の段取りを進めさせていただいていますが、何一つ物事が終っていないこともあり、チョットお疲れ気味かも・・・

 

それにしても、県内外から毎日のようにして入ってくる相談に喜びがあり、ベストを尽くさないといけないと思っているところです。

 

 

 

宝尽くしの訪問着
宝尽くしの訪問着

この画像は宝尽くしの訪問着になります。

古典柄として四季を感じさせない吉祥柄で、個人的にとても気にっている柄の一つです。

 

 

 

宝尽くしの訪問着
宝尽くしの訪問着

前月からフォーマル着のご相談をいただく機会が多くなっていますが、こちらの訪問着は比較的若い年代層の色合いで、七五三や結婚式などのお目出度い席にお召しになると映えるでしょうね~

 

 

宝尽くしの訪問着をコーディネート
宝尽くしの訪問着をコーディネート

そんなシーンを意識して帯を組み合わせてみました。

 

金銀糸の入ったゴージャス感のある帯を合わせても良かったのですが、濃い地色の帯は、装いにメリハリが出てキリットするものがあります。

見方によっては個性的と言えるのかもしれませんが、表情が豊かになって、おしゃれ感を味わえるのではないでしょうか。

 

帯の合わせ方として参考になればと思って、あえて濃い地色の帯でコーディネートしてみました。

話は少し変わりますが、着物を知らない方が増えていて、着物の金額に合った価値をご理解いただくことがとても難しくなっていることを感じております。

 

そこには着物に触れる機会が少なくなっていることや、レンタル着物や、リサイクル着物の情報が溢れていることもあるのでしょう。

また、着物情報をネットで検索することが当たり前になっていて、お手頃感やサービスが心を捉えるものになっていることも考えられます。

それらの情報が一つ一つ消費者の脳に刷り込まれて行って、着物専門店さんを覗くと着物のお値段の違いに驚かれるのでしょう。

 

そのこともあって、呉服店さんは敷居が高いといわれるのでしょうが、私たちが親切に説明を加えてこなかったことが、ある意味で着物が解らない人を増やしてきたのかもしれません。

ネット社会と呉服店が少なくなった環境の中で、着物の価値を伝える難しさがありますが、いいものはそれだけの価値があるものだと胸を張って言える店になりたいです。

 

だって、苦労ばかりしてこの業界を去りたくないですからね~

 

記事の落ちが私の口説きになってしまいましたが、粘り強く頑張ってみたいと思っている私です。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ