和装業界を取り巻く環境に危機感を感じる・そして店内に涙市価格の秋冬物が登場!

着物コーディネート

この時期の和装になると消費者の注目度は高くなりますが、お客様のニーズや買い物の仕方も昔とは変化していまして、量販店で既製品の浴衣・帯・下駄の3点セットを用意される方もいれば、ネットから簡単に買い物ができるサービスをご利用される方もいらっしゃって、地域の呉服店の存在が薄らいで来ている気がします。

 

加えて近年はレンタル浴衣も登場していて、安価でお手軽感を望まれる傾向が広がっています。

 

 

浴衣を反物から誂えることが当たり前だった時代を知っているだけに、求めるニーズの変化に戸惑いを隠しきれません。

 

その中で呉服店の存在を示すことは容易ではなく、店の魅力をいろんな角度から考えていかないと呉服店が増えることはないでしょう。

 

 

これ現実は何を意味しているかといえば、和裁士さんの仕事や物作りに関わる職人さんの仕事が少なくなるということで、日本人が積み重ねてきた伝統の技が守れなくなる時代が来るということです。

 

今の和装業界の流れは、それを良しとするところがあり、近い将来、一握りの呉服店さんしか残れなくなるでしょう。

 

 

この仕事に従事する人たちは悲観的なことを言葉にしませんが、作り手、それを取り仕切るメーカー、問屋さんや呉服店、どの分野でも後継者が育っていないことを考えると、そのことは明らかで危機的な状態と言えます。

 

 

そのすき間に入りこんで来たのが、リサイクル着物やレンタル着物でしょう。

 

世の中の着物ファンが求めるところがあるから、違った形のきもの屋さんが増え始めたのだと思いますが、物作りの視点で考えると、必ずしも業界の発展に繋がるとは思いにくいものがあります。

 

 

特に着物レンタルは観光客をターゲットにしているようですが、その広がりは違った道を切り開くものがあり、娘が持ち込んだタウン誌の浴衣レンタル特集からも うかがえるものがあります。

 

ある意味で呉服店を脅かすものがあり、他人事でいられなくなったと言えます。

 

 

私たちの業界を取り巻く環境は年々厳しくなっていますが、それだけに誇りと知恵を持って時代の流れに立ち向かわなくてはなりません。

 

それは伝統の技を伝えていくことであり、おしゃれを追求した本物を着物愛好家に紹介していくことかと考えています。

 

そこに店の価値を生み出すことができたなら、着物ファンを全国から集めることができるかもしれません。

 

夢話かもしれませんが、そんな夢を心に秘めて着物愛好家にお応えできる店を築けたらと思っております。

 

 

これだけのことを書くのに随分時間がかかってしまいました。

 

 

 

 

 

着物コーディネート
着物コーディネート

 

今日から涙市に向けて秋冬物を店頭に出しました。

 

全て割引価格が付けられていて、とても複雑な心境でいるところです。

 

準備は残すところ後二日間。

これから仕事の密度が濃くなると思いますが、暑さに負けないでベストを尽くしてみたいと思っています。

 

どうか楽しみにしていてください。

 

 

中途半端な記事になりましたが、これで終わらせていただきます。

では、お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ