災害に役立つ新しい風呂敷提案と店の価値を磨く関係性を紐解いてみました

防災に役立つ風呂敷展の看板

ワイドショーは次から次へと話題が尽きることがなくて、見る側として退屈されられません。

 

良し悪しは別にして、視聴率を上げるために並々ならぬ努力をしているのではないかと思いましが、小売業に置き換えて、お客様を飽きさせない店を創り続けて行くということは容易なのとではありません。

 

 

私の店は和雑貨と和装にこだわった店作りをしておりまして、商品の品揃えに異色の品を採り上げることはほとんどありません。

 

それは専門店として特化したいと考える理念があるからです。

 

そのような考えの元で、創業以来こだわりを持っている商品の一つに風呂敷があります。

形が同じであっても使い方で風呂敷の価値を変えられないかと、いろんな角度から風呂敷にスポットを当ててまいりました。

 

それは忘れられない商品にするための提案で、お客様の生活に役立つものだと思ってのプレゼンです。

 

しかしそれは店側の思いで、商品の魅力を育てていくことの難しさを嫌というほど味わっておりましてね~

なかなか広がりを見せないことに提案力の乏しさを感じています。

 

 

このことは風呂敷に限らず和装の分野でも同じことがいえます。

 

 

 

 

 

防災風呂敷の提案
防災風呂敷の提案

そんな折にクローズアップされ始めたのが防災に役立つ風呂敷の使い方です。

 

特に今年は異常気象で日本各地で災害に見舞われていることもあり、メディアからも災害に役立つ風呂敷の使い方を採り上げるようになり、その風に乗って防災に役立つ風呂敷の提案をしてみたいと思っています。

 

 

 

 

防災に役立つ風呂敷展の看板
災害時に役立つ風呂敷展の看板

 

そして本日その看板が店頭に立ちました。

 

店内の品揃えを知らない人にとっては意味不明とも思える看板なのかもしれませんが、手始めに店内で災害に役立つ風呂敷の使い方講習会を開くことにしました。

 

期日は10月11日(木)に午前と午後に分けての無料講習会です。

定員がほぼ埋まりつつありますが、時間が取れる方はぜひご参加されてみてみて下さい。

 

 

このことをきっかけに、風呂敷の価値を見直す機会になればと考えているところです。

 

 

先の話に戻りますが、品揃えをしている商品を 事あるごとに鮮度を高めながら提案を続けていくことって本当に簡単ではありません。

ましてやお客様の興味を惹きつけるプレゼンを見つけ出すことって優しくありません。

 

口説きたくなりますが、この繰り返しが心を育てるんでしょうね~

そして、店の価値を磨くものだと信じたいです。

 

 

つまらない記事になってしまいましたが、これで今日を閉じることとします。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ