「雪輪柄の絞り染め小紋に更紗柄の帯」「黒地の麻の葉柄の江戸小紋に型絵染の帯」が感謝価格に

雪輪柄の絞り小紋をコーデ

呉服店さんはどこも同じだと思っていらっしゃるかもしれませんが、取り扱っている商品や販売方法の仕方にも違いがあって、同じ店は一つもないと言っても過言ではありません。

 

経営者によって値段の付け方も違えば、サービスの質も異なると考えていますが、そのような情報を仕入れ先が持っているもので、常にアンテナを上げて担当者から聞くようにしております。

 

 

業界は体質が変わることなく厳しい状況下に置かれていますが、その中でも、お客様を買い物へと導く販売法で結果を残している先があるようです。

 

詳しく聞いてみると、常識を疑う販売価格が付けられていて、駆け引きをしながら割引価格が大きくなって行く値引き商法みちで、お客様は特別な待遇を受けている気分にさせられるそうです。

 

その特別扱が買い物へと繋がるようですが、着物が解らない人ばかりだからトリックめいて接客がお得感を呼び寄せるのでしょう。

 

現場を見ていないので踏み込んだ話はできませんが、そんな話を耳にする機会が多くなり、自分はいったい何をしているのかと考えさせられています。

 

 

現在、感謝祭に向けて着物や帯に割り引いた価格を付け始めていていますが、惑わされないで、この店らしいやり方で感謝価格を付けていきたいと思っているところです。

 

 

そこで今日は「15万円以下の着物や帯の会」に出す商品の中からコーディネートしたものをアップしてみたのでご覧ください。

 

過去に紹介した商品が感謝価格となることもお伝えできればと思っております。

 

 

 

 

雪輪柄の絞り小紋をコーデ
雪輪柄の絞り小紋をコーディネート

 

その一つが絞り染小紋をグリーン地の更紗模様の帯でコーディネートしたものです。

 

まとまりのあるおしゃれ感がお伝えできたかと思っていますが、この2点は20万円代の販売価格の品が15万円以下の感謝価格になります。

 

とても魅力的でしょう。

 

特に雪輪柄の絞り着物が長羽織としても活用してもらえる柄だけに、お勧めさせていただきたいんですね~

 

 

 

 

麻の葉模様の小紋をコーディネート
麻の葉模様の小紋をコーディネート

 

そのコーディネートをこの街着の装いに加えてみました。

 

着物は黒地に麻の葉柄の江戸小紋で、その小紋に型絵染の帯を合わせ、雪の結晶柄の帯留めで年末年始の街着の装いを作ってみたものです。

 

 

こちらも感謝価格になっているものですが、気軽に着ていただけるコーディネートかと思っています。

 

 

この装いに先ほどの雪輪柄の絞りを長羽織として合わせてみましょう。

 

 

 

 

羽織も加えて街着コーディネート
羽織も加えて街着コーディネート

 

黒地にベージュ地の長羽織。

とっても感じがいいでしょう。

 

寒さが厳しい冬だけに長羽織が一枚あると保温にもなり、装いの所作におしゃれ感が増すだけにカッコいいんだな~

北陸の人は車で移動することが多く、長羽織まで気配りができていない感じがしていて、このような感謝価格になった会で用意されてみてはいかがでしょう。

 

ちなみに雪輪柄の絞りは税別価格22万円の品で、感謝祭では15万円となるものです。

麻の葉柄の江戸小紋は17万円の品が13万円の感謝価格になりますが、元値が良心的なお値段かと思っているので、お得な買い物ができるのではないかな~

 

そんなことを思って、ここに紹介させていただきました。

 

過去に紹介したことのある品が感謝価格になっているので注目していてください。

 

うまく記事をまとめきれていませんが、強調させていただきたかったのは、良質の品がお安い感謝価格になっていることです。

 

信じていただけないかもしれませんが参考にしてください。

 

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ