竺仙さんの白地の浴衣をコーディネート・そして娘と向かった妻の墓参り

作仙さんの波に千鳥柄の白地浴衣をコーディネート

潮が引いたみたいにお客様の少ない日になっていまい、8月に入ると暑さとお盆でお客様の購買意欲が薄らいでしまって、活気が薄らいでしまうことに嫌な記憶がよみがえりましてね~

 

店というものはお客様の来店があって初めて意味を持つフィールドだと考えていて、いかなる月であってもお客様を惹きつけられる店でなければなりません。

 

涙市が終わり、今週日曜日のゆかたの集に向けての段取りに忙しくしていますが、その一方で、待ちかねている8月をどのようにして盛り返していくかを考え始めている私です。

 

そのこともあり、明日はネタ探しを目的に京都へ向かいますが、店は人間と同じで栄養のあるものを食べないと元気がでませんし成長もありません。

 

月に一度京都へ向かうのは、お客様を惹きつける商品とサービスが宿るところに元気な店が存在すると考えているからで、店に必要な栄養となるものを探し出すためのものです。

 

仕入れ係の責任の重さを感じて止みませんが、時代の変化の中で、新しい「モノ」や「事」を見つけ出す難しさがありまして、経営センスが問われていると言えるでしょう。

 

何事においても未来を見続けることを忘れてはならないのでしょう。

その気構えで踏み出すことができれなと思っている私です。

 

 

 

作仙さんの波に千鳥柄の白地浴衣をコーディネート
作仙さんの波に千鳥柄の白地浴衣をコーディネート

 

ところで今日も暑い日になりましたが、夏の日差しが強い日にはこのような白地の浴衣がお似合いかと思えてなりません。

白地という開放感のある爽やかな色に、水色の波と千鳥をあしらった模様から波風が通り抜けるような味わいがあり、まさに炎天下で着る浴衣と言えるのではないでしょうか?

そこにダークな色のボカシを効かせた博多織の紗の半巾帯でおしゃれ感を引き出してみました。

 

白地って絹の着物ではなかなか着れないものですが、健康的な明るさもあってお勧めさせていただきたいです。

 

 

 

妻の月命日
妻の月命日

そして今日は妻の月命日。

お母さんに伝えておきたいことがあり、娘を連れて墓参りをしてまいりました。

 

無事に涙市を終えたことや、子供たちが元気に過ごしていることを報告しながらも、お願いしたいことが沢山あって、何でも妻頼みになっていますが受け止めてくれたのではないかと思っています。

 

そして妻は思っているでしょう。

自分がしっかりしていないと家族が不安がることを・・・

心の支えになってくれている妻に感謝したいです。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ