雪の結晶柄の帯とアザラシの防寒草履でオシャレな冬をコーディネート・そして珍客の訪問

葵柄の小紋と雪の結晶柄の帯の組み合わせの組み合わせ

朝店に出て、あれもしたい、これもしておきたいと呟いて仕事を始める訳だが、出来ずじまいで終わってしまうことが少なくありません。

接客業なので、それも仕方の無いことなのかもしれないが、こなさないといけない仕事が貯まっていって毎日がオーバーヒート気味。

こんな生活がいつまで続くのかと思ったりしますが、仕事が出来るだけ喜ばなくてはならないのかも・・・

 

店にはいろんなお客様が来られます。

笑顔を向けてくださるお客様もいれば、駆引き上手なお客様やその真逆でいい物が手にできたと喜んでくださるお客様もいれば、病気と闘っている方もいて、その姿から何が大切なのかを学んでいる気がします。

 

昨日ほどではありませんが今日もお客様が続く時間帯がありまして、その中に男性の加賀友禅作家さんが私を訪ねて来ましてね~

随分昔、彼とボランティア活動を一緒にしていた作家さんで、以来度々店の遊びに来ることがある和装業界の仲間です。

 

その彼が友禅の仕事が激減してしまって、この状態を変えることが出来ればと、金沢の中心地でレンタルきものを始める運びとなったそうです。

他社との差別化を図る意味で加賀友禅のレンタル着物も置いて、松・竹・梅のランク付けをしてスタートーとしいと考えているみたいで、要の仕立て上がった着物を供給してくれそうな仕入れ先を知っているようであれば紹介して欲しいというのです。

 

その話を聞かされて、フットワークの軽さに驚きがありましたが、それ以上に、ノウハウがないのに新しいビジネスを立ち上げようとしている無謀さに唖然とさせられました。

私の店は中古品を扱う店ではないので、相談する先が違うことを伝えましたが、彼のように一発逆転満塁ホームランを狙って勝負に出る人間が少なからずいるということに、どう考えたらいいのか戸惑うばかり・・・

 

誰かバックにスポンサーがいるのかもしれませんが、そんな甘いものでないことを彼は承知しているのだろうか?

彼には業界の動きを私の目線から話をさせていただきましたが、船は出てしまったみたいでとても心配です。

 

その彼は私に、「業界の市場が小さくなっていっている中で、在庫を抱えて、それも一つのことを続けられていることに感心させられる。」と・・・

 

もしも頭の良くて器用さがあったら、新しいビジネスを始めていたかもしれない。

それが自分にないから、一つのことを続けているに過ぎない。

大切なことは儲けるこを最優先に考えるのではなくて、お客様に喜んでいただくことを優先しているとなんとかなるような気がする。

それだけのことかもしれない。

 

そんな話もさせてもらいましたが、彼はどう受け取ってくれたでしょうか?

 

話が長くなってしまいましたが、今日は冬も近づいて来たので、おしゃれな冬のコーディネートを紹介してみます。

 

 

 

葵柄の小紋と雪の結晶柄の帯の組み合わせの組み合わせ
葵柄の小紋と雪の結晶柄の帯の組み合わせの組み合わせ

 

こちらの組み合わせはグリーン地の葵柄の小紋に雪の結晶柄の染帯を乗せて、アザラシの防寒草履で冬をコーディネートしたものです。

いかしていると思いませんか?

 

季節感を感じていただけるのは雪の結晶柄の帯とアザラシの草履で、クリスマスシーズンや年末年始の装いとして着こなしていただけたら振り向く人が多いのではないかな~

だって、オンリーワンとも言える品で組み合わせているからです。

 

 

 

雪の結晶柄の帯
雪の結晶柄の帯

 

特に銀ネズ地に染めた雪の結晶柄の帯は、大人のクリスマス柄の帯が欲しくて探していたのですが、心に響くものがなくて、担当者にこの図案を見せられて改めて染めてもらったものです。

 

先月染め上がってきたお気に入りの品でもあります。

素敵でしょう・・・

 

 

 

雪の結晶柄で冬の装いを楽しむ
雪の結晶柄で冬の装いを楽しむ

 

腹はこんな感じでコーディネートしましたが、キリッと一本の墨色の帯締めが大人の味を出していると思いませんか?

そして、雪色のかんざしも加えてみました。

 

冬ならではのトータルコーディネートがカッコイイと思いませんか?

 

このような感じで何一つ冬を感じさせられる物であったり柄が装いの中に入っていると、オシャレじゃないかな~

どうか参考にされてみて下さい。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ