コロナ禍で人が少ない京都でした・そして行き詰まった社会の中で自分を信じてみたい

夕方の京都駅/4月1日

コロナ禍でJR北陸本線のサンダーバードの本数が少なくなって、京都出張が不便に思えた一日でした。

行きは松任駅に止まるサンダーバードがなくなり、帰りも本数が少なくなったためにゆとりを持った仕入先を廻ることができません。

おまけに今日は電車が少し遅れて戻るのが遅くなってしまいました。

 

 

 

夕方の京都駅/4月1日
夕方の京都駅/4月1日

 

毎年4月1日は花見シーズンと春休みと重なって京都駅は観光客で溢れているのですが、コロナ禍とあって人出は少なかったです。

お隣の大阪府の新規感染者拡大が影響しているのかもしれません。

 

仕入先は月初めの月商を開いていましたが、お客様はまばらで、明るい話題が乏しいことに寂しさを感じさせられるものがありました。

 

このような感じでコロナ禍の影響を受けて1年以上経つ訳ですが、商品の動きが悪いために新しい商品が作られていないんですね~

夏場の店作りの在り方が問われていて、これまでのやり方では期待が持てない感じがしてなりません。

 

どうしたらいいのか?

 

そのことを自分に自問自答しながら仕入先を廻らせていただいたのですが、素敵な商品を見てしまうと迷いがなくなってしまうんですね~

 

「この商品が家族になったなら、眠っているお客様の心に灯りともすのではないか! 店の個性を作り出すチャンスと思え!」

みたいな感じで勢い就いてしまって・・・

 

度が過ぎる仕入れをしたとは思っていませんが、新しい戦力となる商品を用意することとしました。

 

帰りの電車の中、多くの業界人が守りに入っているのに、コロナ禍の中で踏み出そうとしていているなんて頭が可笑しくなったのかな~

 

時として根拠もなく感で動くところがあって、それが吉と出ることもあればそうでないこともある。

どっちに転ぶかギャンブルみたいなところがありますが、行き詰まった社会の中で自分を信じてみたいです。

 

これから少しずつ仕入れた商品が店内の登場しますが、覚悟を決めて夏商戦に向かいたいと思っています。

 

私に長い一日が終わろうとしていて、とっても疲れました。

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ