石川県の浴衣専門店が店頭に出した「2021浴衣登場」の看板・そこに詰められた店主の想い

店頭の看板

展示会を終えて張り詰めた緊張から解き放されましたが、会の後始末が残っています。

陳列されていた商品を下ろし、着物売場を拡張するために敷いた畳を上げて元の売場に戻さなくてはなりません。

今日はその後始末にかかりっきりで、夕方近くになるとスタミナ切れ。

脱力感を感じていま。

 

とはいえ今月も残すところ数日で幕を閉じようとしていて、翌月に向けての店作りをしなくてはなりません。

まず先に準備したのはこの看板。

 

 

 

店頭の看板
店頭の看板

 

それは浴衣商戦へと向かう意思表示を示す、「2021浴衣登場」の看板です。

この世がコロナでこんなにも騒がしくなるとは想像していなくて、浴衣商戦に向けて新しい商品を買い付けしていますし踏み出さなくてはなりません。

なによりも昨年がコロナ禍で大不振であったこともあり、コロナに負けない戦略を組むことが必要とされます。

 

それは現実を知った上での戦略と、明るい夏の生活が広がる社会を想像しての戦略の、二つの道筋を用意しておくことが求められるのでしょう。

コロナ禍で経済活動が思い通りにならないことは経営者として切実な問題となっていますが、楽しく社会生活ができることを念頭に置いて、この店でできることを考えてみたいと思っています。

 

これまでと変わらない店作りが軸になりますが,浴衣コーディネートのこだわりとお客様の体型に合ったオーダーメイド仕立てを基本に、叶うならこれまで続けてきた浴衣で集う会を設けることができればと考えています。

そしてネットからの浴衣販売にも目を向けて、具体的なアクションを起こすことを目標としたいです。

浴衣とはいえネット販売となれば今の私の能力となるとハードルが高くなりますが、現代社会が求めている買い物の在り方かと思っていて、この先の店作りを考えると避けてと通ることが出来ない販売方法なのでしょう。

 

浴衣とはいえ品揃えができてもその先の販売方法を考えなくてはならずここが正念場。何をどうしたいのか物事を整理して駒を進めるつもりです。

 

取りあえず浴衣が店頭に並んだことをお知らせができる最初の一歩を看板で踏み出すことができましたが、全てはこれかといえるでしょう。

 

コロナに負けない店をどうやって作っていったらいいのか、小さな船に大きな荷物を乗せて航海に出ようとしています。

冷たい風が吹くことを覚悟して大き志の帆を上げの旅立ちです。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ