石川県のゆかた専門店として6月が勝負月となりそうです・そして店内の模様替えでヘトヘト

店内の模様替え

店内の模様替えは今日も続いていて、どれだけ店内を歩いたことでしょう。

 

店内を行ったり来たり。

脚立で上ったり下りたり。

 

ただそれだけのことですが長時間続くと体力を消耗した感があります。

 

 

 

店内の模様替え
店内の模様替え

 

数日で6月になるだけに、気温も高くなる感じがするだけに、店内を一度リセットして気分を変えていかなくてはなりません。

 

その手っ取り早い方法として、店内の模様替えがあると思っていますが、昨日もブログに書きましたが、娘達を綺麗に見えるようにディスプレーに気を遣ってやりたいと思っていて、お客様の気持ちになって遠くから見たり近づいて見たりして売場を作り上げてまいります。

 

その意味で店内はショールーム。

娘達はお客様との出会いを待ち続けています。

 

 

 

店内の模様替え
店内の模様替え

 

今日もお客様は少なくて、コロナ禍で少しずつコロナ対策の規制が緩くなってきているとは言うものの、そのことで今年はゆかたを調達しようという気持ちに繋がっていないようです。

 

そこには町内の行事がコロナ禍で中止になったり、夏祭りが今年も中止になった先があるみたいで、晴れ晴れとした環境が十分に整っていないことが、ゆかたに目が向かない要因となっているのかもしれません。

 

店としては反物からオーダーメイド仕立てをして収めるゆかたにこだわっていることもありまして、6月がゆかた商戦の勝負月だと考えています。

何故ならお仕立てを加えてからお客様の元に届けるゆかただからです。

 

ゆかたを着る方の体型に合わせて店の和裁士さんが縫っていくゆかただけに着やすくて着崩れもしにくいと考えていますが、その分日数を要するだけに、余裕を持ってゆかた選びをする必要があります。

 

一方で既製品のゆかたは、お店でレジを通せば持ち帰ってその日にゆかたを着ることが可能です。

今年は川北花火大会が開催されるので、量販店に既製品のゆかたが多く並ぶ予感がしますが、地域や幼稚園や保育所の夏のイベントが決らない状況下の中ではオーダーメイド仕立ては不利な感じがします。

 

それでもゆかた地のクオリティと見立ての技は何処の店と比較しても、お客様を輝かせることが出来る店だと思っていて、最高の夏ををお届けできるかと考えてます。

 

ゆかたのご準備をお考えでしたら、是非この店を一度覗いて見てください。

お待ちしております。

 

お腹も空いてきたので、今日はここまでとさせてください。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ