夏の茶席にもお召になれる絽の小紋を黒地の袋帯でコーディネート・そして慌てる午前中!

絽小紋を黒地の夏袋帯でコーディネート

朝お客様に電話をお掛けすると繋がらない。別のお客様に電話を入れるとこれも繋がらない。

何かが変であることに気づいた私は、状況確認をしたくて娘の携帯に電話を入れると、これも繋がらない。

そこで私の携帯から店に電話を入れてみると、これも繋がらない。

 

しばらくパニック状態になっていましたが、auのシステム障害であることが分かり、落ち着きを取り戻したものの一向に改善されないこともあって呆れています。

 

例えば炎天下で人が倒れているのを見て、auの携帯で救急車を呼ぼうとしても繋がらないということになります。

これが地震などの災害時の出来事だったらと思うと恐怖を覚えます。

 

いつになったら正常な状態に戻るのでしょう。

私も含めて多くの人が困っているかと思うので、なんとかして欲しいです。

 

 

話題は替わりますが、連日危険な暑さが続いているだけに、着物を着るという行為が薄らいでいる方が少なくないかもしれませんね。

 

普段着で小千谷ちぢみや綿麻着物であったり浴衣で楽しまれる方が多くいても、フォーマル系の装いとなれば、着て行く場が限られるだけに、習い事をされている方やお仕事で必要とされている方に限られるのかも・・・

 

なので夏用のフォーマル系の着物を目にする機会が少なくなりますが、お茶席にもお召になっていただける小紋をコーディネートしたのでご覧ください。

 

 

 

絽小紋を黒地の夏袋帯でコーディネート
絽小紋を黒地の夏袋帯でコーディネート

 

その組み合わせがこちらになります。

ブルーグレー地の絽ちりめんに染められた飛び柄小紋に黒地の夏用の組織で織られた袋帯でコーディネートさせていただきました。

 

黒地の帯を合わせるとハレーションを起こしがちですが、それが抑えられているのは、箔を使わずに唐織りで織っているからだと思います。

 

大人の味が表現されていて、チョット素敵だと思わない・・・。

 

 

 

黒地の夏袋帯
黒地の夏袋帯

 

それを引き出しているのは黒地の袋帯ではないでしょうか?

 

唐織りでありながら、帯の組織を通気性の高い組織で織っているところに価値があるように思っていて、それに夏物の帯で黒地があまり織られていないだけにとても魅力的です。

 

この黒地の帯は夏物だけでなく単衣物の着物にも乗せていただけるので、フォーマルな装いにお洒落を組み合わせていただけるのではないでしょうか?

 

今日は電話が使い辛いこともあって、いらつく一日だったかもしれません。

明日は気持ち良く仕事ができればと思っていますが、果たしてどのような日になることでしょう。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ