楽器の帯とラ・フォル・ジュルネ金沢音楽祭

 

5月の大型連休に突入致しました。

 
この時期は気候も好く、家族でお出かけになる方も多いのでは・・・・

 

うらやましいな~

 

ちょうど金沢市では、ラ・フォル・ジュルネ金沢音楽祭が開催されていて、県内外から多くの方が聞きに来られるみたいですね・・・・・

なんでも今年のテーマはモーッアルトとか・・・・・

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
 

そんなシーンにお薦めしたい帯を京都の仕入れ先で見つけました。

楽器の帯です。

大変珍しいので、ご紹介させて頂きます。

 

vuaiorinngaratoisunoobi.JPG

この帯はヴァイオリンと椅子の柄、

どうして珍しいかと言いますと、手描きのようになって見えますが、実は西陣織なんですね~

「すくい織」と言って、裏糸が通っていない、つづれ織りのような織り方で模様を描いています。

 

このような織り方の帯は市場に多くありますが、
図案がとても面白くて、綺麗な仕上がりに驚かされました。

 

実にお洒落です。

vulaiorinntoisugaranoobi.JPG

この帯の腹に来るもようになります。

構図から色の配色に至るまで、申し分のない帯です。

 

その他にも幾つかご紹介してみます。

長い間この仕事をしていますが、このような模様を見たのは初めて・・・・・

 

tikuonnkigaranoobi010.JPG

蓄音機の柄です。

染め帯と間違えるくらいに、良い仕事をしています。

それに腹の部分の柄にしびれてしまいました。

tikuonnkigaranoobi004.JPG

帽子をかぶった人が椅子に座り、流れる音楽を聴いている感じが伝わってきます。

 

誰がこのような図案を考えたのでしょうね~

それにも増して織り上げた技術の高さに感激しています。

 

kennbanngaranoobi008.JPG
 

ことらも同じタイプの鍵盤の柄。

力強さと立体感がある模様です。

 

galtukinoobi009.JPG

腹にも楽器の柄が・・・・・

カッコいいですね~

これらの帯は帯芯を入れないで、この幅で仕立てる帯で、今の時期の単衣物の着物や袷(裏地が付いている着物)の着物の上に合わせる帯です。

(7・8月の盛夏の季節にはお締めになることができません)

 

何度も繰り返していいますが、とてもセンスのいい帯です。

このような帯を締めて音楽界に出かけると素敵でしょうね~・・・・・・

想像するだけでワクワクします。

 

その帯が今日届きました。

何度見ても心が高鳴り脱帽しています。

 

2009nennyukatanokannbabb.JPG

この看板が昨日、店頭に立ちました。

今年仕入れたゆかた関係の着物や帯、そして下駄などが所狭しと並びお客様にお披露目です。

 

仕入れ先の話を聞いていると、何処のきもの屋さんも仕入れを抑えていると言っているのに、私の店は世間の流れとまったく逆で、いけいけゴーゴーって感じです。

 

お母さんがいたなら、きっとあきれているでしょうね~

 

私はこの夏に、そして世の中の流れに勝負する覚悟でいます。

 

着物は楽しくなくては着物ではありません

地域の人たちにその素晴らしさを伝えるのが私の仕事。

 

労を惜しまず頑張るぞ・・・・・

 
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ