夏のインテリアに「一間巾の麻のれん」はいかが・・・そして平凡な生活

 どんよりした曇り空で雨が降りそうで降らない夕暮れ時、ポツポツ降り始めましたが比較的過ごしやすい一日でした。
これと言って変わったこともなく、平坦な道を歩いているように思えますが、心の奥で変化を求めている自分がいます。
おそらく多くの人が時計を見ながら、繰り返される日々を送っていて、時々、熱くなるスポーツ観戦などを見て、メリハリをつけているのかもしれません。
経営者が背負う数字というものがなければ、穏やかに過ごせるのかもしれませんが、数字があるから脳細胞が元気でいられるのでしょう。
そして、年を取って行くのかな~
世界は広いのに小さなっ世界しか知らない自分でいいのかと思うこともありますが、家族が幸せていてくれるのならそれでいいのかな~
切なさ半分、幸せ半分、これが生きている証かも・・・

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

さて、今日は大きなお屋敷にお住まいの方に、おススメしたい夏のれんがあるもので、それを紹介してみたいと思います。
麻素材の一間巾ののれんです。
照明の加減で、映像に赤味が出てしまいましたが、生成りの生地に墨で描いたものです。
iltukannhabanoasanorenn-1002.JPG
kawasemi007.JPG
柳にカワセミです。

iltukennhabanoasanorenn004.JPG
kohann005.JPG
これは湖畔の風景かな~
iltukennhabanoasanorenn002.JPG
kawakudari003.JPG
そして川下りです。
幅が177㎝で丈が170㎝と麻のれんにしてはジャンボサイズですが、どれも日本建築のお住まいに合うかと思います。
こちらの地域では玄関を入った正面の座敷に提げて、風通しをよくし夏のインテリアとして使われていますが、この大きさのものが作られていなくて、全国的にも珍しいかもしれませんね、
是非参考のしてみてください。
お値段は、51840円の品です。
閉店近くに長女が店に顔を出し、旦那の帰りが遅くなるとかで二人で外食してまいりました。
久しぶりのことです。
毎日財布からお金が出て行き、すっかり主婦になっている自分がいて、このような機会がないと美味しいものを食べることが出来なくなっている自分が不思議に思えます。
食事をしながら、あれこれ家事の仕事を聞く私で、独り立ちしているとは思えない状態でいますが、子ども達に心配を掛けないようにやせ我慢している自分が滑稽でなりません。
私の家事1年生は笑いに満ちた日々で、いろんなことを経験することとなりましたが、ある意味で刺激的で、平凡な生活を掻き回してくれています。
この調子だと長生きするかもしれませんね。
それでは今日はこれにて・・・
お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ