スタッフの心遣いに感謝・そしてお彼岸に妻をしのんで・・・

 店のお隣さんが、しばらく空き店舗となったいたのですが、この度、新しく美容院が入ることになりましてね~
その内装工事が数日前から入っているのですが、ドリルや物を叩く音がやたらに店に大きく響き、せっかくの秋晴れも台無し。
お客様と会話したり、物事を考えるには最悪の状況でストレスを感じる一日でした。
こればかりは仕方のないことで、落ち着くまで辛抱しないといけませんね。
ところで明日はお彼岸。
1948年に「先祖を敬い、亡くなった人々を人をしのぶ」日として国民の祝日となった日です。
親もとを離れ生活をしていると、ご先祖様を敬うという点においては気薄なところがありますが、妻を亡くしていることもあり、お彼岸とも重なることもあって、しばらく妻に心を向けさせていただきます。
お母さんがお腹を痛めた3人の子どもも、愛する人を見つけ新しい人生を歩き始めました。
貴女が遠くへ行ってしまったので、祝って挙げれなかったことを悔やんでいるのではないかと思いますが、貴女の血を引き継いでいるので安心してください。

これも貴女が残した足跡を見ていたからで、その先は幸せを探りながら道を切り拓いて行くことでしょう。
私と居るところが違ってしまいましたが、二人で応援してやらないといけませんね・・・
こんな強がりを言っていますが、実のところ寂しいものがあります。
何を言いたいのかお母さんは察していると思うが、これも私が背負った人生なのかも・・・
貴女がいないだけに、もっともっと強くならないといけませんね。
こうして時間を巻き戻す私がいましたが、今日息子たちは、私たちが新婚旅行に訪れたハワイへと旅立ちました。
懐かしさがこみあげますが、スタートラインが一緒かと思うと、時代が変わったことを感じさせられます。
湿っぽくなってしまいましたが、お彼岸ということでお許しください。
話しは変わりますが、店は来客の多い日で賑わいがありました。
いつもこうであって欲しいのですが、気軽さが店にあるのかもしれないと思うところがあります。
地域の呉服店が少なくなっているだけに、お客様とのコミュニケーションを大切にしたいと考えていますが、そんな折に、店のスタッフがイチジクを煮た手作りのお菓子を持って来てくれましてね~
食べてしまって映像をお見せできなませんが、お客様にお出しると、来年も作って欲しいとリピーターが現れるくらいに大評判でしてね~
人肌のする店を作ってくれていているかと思うと感謝しなくてはなりませんが、私の気がつかない部分で、ここにも馴染みやすさがあるのでしょう。
言葉にすることができませんでしたが助かっています。
ありがとうございました。
地味なことですが、この積み重ねがファンを作って行くのかもしれませんね。
osiluyarenakimonoko-dhine-to003.JPG
まとまりのない記事になってしまいましたが、最後に妻をしのんでおしゃれな着物コーディネートをしてみました。
ではお休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ