世界を股にかけたオンリーワン着物コーディネート「世界の国旗」がポイントです

 閉店後、商工会の会合があることから早めの投稿となりました。
あまり時間もないもので、要点を絞って記事を書くこととします。
今日は世界を制覇したかのような着物コーディネートを紹介させていただきます。
特に世界を視て、ライフワークされている方には必見です。
DSC_0018osilyarenakimonoko-dhine-to.JPG
そのコーディネートがこちらです。
単衣のちぢみ士乎路紬に紬地を絞り染めした帯とこコラボ。
この画像に驚かれている方もいらっしゃるかと思いますが、同時に楽しい気持ちが湧き上がってくるのではないでしょうか?
合わせた帯が、国旗を象さんの模様にアレンジした品で、まさに世界を意識したおしゃれな染め帯です。
osilyarenakimonoko-dhine-to (2).JPG
腹はフランスの国旗の色をした象さんで、帯〆帯揚げも入れてみました。
この感覚を理解していただけるでしょうか?
日本に伝わる古典を柄の常識の枠を超えたコーディネートです。
サッカーのワールドカップや世界選手権、更にはオリンピック観戦など、世界が交わるシーンに、このような着こなしで着物の世界に触れられてもいいし、ご主人が外国人であるとか、着物にはまっている外国人女性が、このような帯をさりげなくお締めになると素敵でしょうね~
他にもさまざまなシーンが思い浮かぶかと思いますが、とにかく、これまでの固定観念を打ち破った装いかと思います。
気になるのは、この帯にはどこの国が参加しているかということです。
DSC_0007koltukiwoarennzisitadzougaranoobi.JPG
腹には、カナダとフランス
お太鼓には、左上から、イギリス、ドイツ、ブラジル
ジャマイカ、日本、アメリカ
イタリア、ギリシャ、タンザニア
お気に入りの国が入っていない方にはガッカリさせる帯かもしれませんが、世界の真ん中に日本がいることでご納得いただければと考えています。
こちらの帯は、盛夏である7・8月を除けば、クリスマスや、お正月などにも締めていただける帯で、合わせる着物は小紋や紬がベターかと思います。
大人としての品格も備えているので、オンリーワンの着こなしとしてご提案させていただくものです。
なかなかご理解をいただける品ではないかもしれませんが、着物が楽しく着れたら世界が変わるのではないかと思って準備してみた帯です。
皆さんの評価がとても心配ですが、この路線を貫いて、新しい着物ファンを増やしていきたいと考えている私です。
そろそろ時間となりました。
ではこれにて・・・
お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ