入荷が遅れた「和柄Tシャツ」・そして呉服商「三井高利」さんと妻の言葉が身に染みます

 日本のデパートとして揺るがぬ地位を築いた三越デパートは、今から300年以上も前に越後屋という呉服店からスタートしたことをご存知かと思います。
今の三井財閥の礎を越後屋の創業者でもある「三井高利」という人が52歳で呉服商を始めたことが始まりだったそうです。
その話題を店のスタップがNHK番組からDVDに録画したものを持って来てくれましてね~
その番組は商売繁盛を紐解く番組で、ゲストに通販会社のジャネット高田の創業者を交えて番組を進めるものでした。
三井高利さんは東京日本橋で呉服店を創業されたそうですが、当時は巨大な呉服店が軒を並べる中で、月次と革新的な商売のやり方を考え出し、瞬く間に江戸庶民の心を掴む呉服店になったとか・・・
世界で初めて商品に定価を付けたのも越後屋で、割引というのも三井高利さんは初めて取り入れたそうで、他にも、お客様の目線で喜んでいただけるやり方を考え出した人だったようです。
その姿に高田さんは「新しい市場は商人が作り出していくもの・・・」と、ご自身の経験を交えて話されていましたが、どうも私たち小規模経営の店は、固定観念にとらわれ過ぎていて、お客様の立場になって想像する力を失っていることにきずかされたしだいです。
一月以上納期が遅れた和柄Tシャツが店に届きました。
DSC_0007wagatatsilyatufuzikuro.JPG
昨年とても好評だったもので、和柄の模様を絞って用意したものですが、出遅れたことに少し焦りを覚えております。
なので、早速カメラに収め、このブログからデビューさせてみることにしました。
画像が多くなりますが、しばらくお付き合いください。

DSC_0008wagaratsilyatubuzikuro.JPG
こちらは藤の柄の黒
DSC_0018wagaratsilyatufuzisiro.JPG
DSC_0019wagatatsilyatufuzisiro.JPG
藤の柄の白
DSC_0004wagaratsilyatuedafuzikuro.JPG
DSC_0005wagaratsilyatuedafuzikuro.JPG
枝垂れ藤の黒
DSC_0015wagaratsilyatuedafuzisiro.JPG
DSC_0016wagaratsilyaruadafuzisiro.JPG
枝垂れ藤の白
DSC_0001wagaratsilyatuasilyoubukuro.JPG
DSC_0002wagaratsilyatusilyoubukuro.JPG
菖蒲の黒
DSC_0012wagaratsilyatusilyoubusiro.JPG
DSC_0013wagatatsilyatusilyoubusito.JPG
菖蒲の白
以上3柄を黒と白地で揃えました。
サイズは、M・L・XLの3サイズでお値段は1枚 税込¥2,592となります。(素材/綿100%)
DSC_0023wagaratsilyatultom.JPG
この映像は白地のL寸の上にM寸を重ねたものです。
DSC_0021wagatatsilyatultoxl.JPG
そしてもう一つ、白地のXL寸にL寸を重ね、大きさを見比べていただければと思ってアップしてみました。
現時点で、点数を多く準備していないもので、お気にめす柄があればご連絡いただければと思っております。
6月に入って不振の日々が続いております。
三井高利さんのような知恵を持って沈滞しているムードを打開しなくてはならないのですが、何もアイディアが浮かばないというのは、商才がないことを意味するのでしょうか?
生前妻が私によく語っていました。
「夢ばかり見ないで現実に目を向けなさい」と・・・
今は、その言葉が身に染みます。
それではこれにて・・・
お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ