お客様からご相談・夏お召しに合う帯をコーディネートしてみました

 どうにか明日からの「涙市」の準備を整えることができ一息付いたところです。
期間限定で全品割引となる会で、こんなにもプライスダウンの表示に手間取るとは思っていませんでした。
時間が足りなくて、和雑貨などは割引のパーセント表示で事を済ませましたが、明日から6日間、一喜一憂しながら時を刻むことでしょう。
とにかく、来期に向けて経営の安定化を図らなくてはなりませんが、いつもながら、会が始まる前にエネルギーを使い果たしてしまって・・・
正直なところ疲れました。
さて、今日の記事ですが、数日前にご遠方にお客様から、先月アップした夏物の着物に帯を合わせた画像を見せて欲しいとのご相談があり、その商品をこの場を借りて紹介してみたいと思います。
DSC_0001natuomesiwoko-dhine-to.JPG
着物は夏物の赤城紬で、生成りの色にグリーンと辛子色の絣が入った商品です。
最初に合わせた帯はブラウン系の地色の「すくい織夏八寸名古屋帯。
DSC_0002natuomesiwoko-dhine-to.JPG
2≫ 水色系のすくい八寸名古屋帯。
DSC_0003natuomesiwoko-dhine-to.JPG
3≫ 全通の夏八寸名古屋帯で、ベージュ系の色の濃淡を市松取に織った帯です。
DSC_0005natuomesiwoko-dhine-to.JPG
4≫ 麻素材に更紗柄を染めた全通柄の染め帯です。
DSC_0004natuomesiwoko-dhine-to.JPG
5≫ こちらは数日前にもアップしましたが、麻の名古屋帯となります。
この5点のコーディネートの中に、心が惹かれる品があるようでしたら、こう少しクリアー画像で小物も合わせてみたいと考えております。
ちなみに麻素材の品は数万円の品になりますが、絹織物は10万円を超える価格となることを付け加えさせていただきます。
話は変わりますが、親しくさせていただいている着物愛好家のお客様が、店の「涙市」の案内をご覧になり、私の顔が思い浮かんだとおっしゃって、日が傾きかけた頃に訪ねてくださいました。
私のラブレターがお客様の心を動かす切っ掛けになったのかもしれません。
そのお客様は一足先に「涙市」の扉を叩いてくれた訳ですが、お話をしていて嬉しい気持ちにさせられました。
私を信頼していただいている気持ちが伝わってくるだけに責任の重さを感じるこのがありましたが、笑顔でお帰りになられる姿が拝見できて、元気をいただけるものがありました。
ありがとうございました。
とにもかくにも本番は明日からです。
今晩は気力と体力を補充して臨みたいと考えている私です。
それではこれにて・・・
お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ