一足早い初秋の着物コーディネート・そして「秋の足音」

 次第に日が沈み始まるのも早くなり、しばらく続いていて蒸し返るような暑さも、日が落ちるころになると涼しさを感じれる頃となりました。
足音も立てるに、静かに自然の中にある時計が動いていることに気づかされますが、朝晩の涼しさに秋の気配を感じております。
少しずつ過ごしやすくなるのかもしれませんが、燃えるような情熱の夏に陰りが見え始めたかと思うと、どことなく寂しさに誘われるものです。
お盆休みに入っている方もいらっしゃるかと思いますが、少なくなりつつある夏を背景に平和な家族の姿があれば心も満たされるのではないでしょうか?
家族の絆が深められるといいですね。
今日は待たれる初秋を前にして、単衣の装いをコーディネートしてみたのでごらんください。
CSC_0004hitoemonowoko-dhine-to.JPG
色目の浅いぼかし染めの小紋に、深みのある紫色の塩瀬帯でおしゃれをコーディネートしてみました。
帯の模様は夏椿かと思っていましたが、どうも違うようです。
しかし、柔らかな色合いの着物に合わせてみた帯が映えます。
コーディネートから伝わってくる優しさに心が惹かれていますが、これが日本人の和の装いと言えるおしゃれ感なのかも・・・

個性を着物と帯のコントラストで表現した品の良さをに、着る人の魅力を引き出してくれることでしょう。
こうして一足早い秋の準備を始めたところですが、ピントが合うまでにはもう少し時間がかかることでしょう。
お盆休みは8月14日(金)~16日(日)の3日間を予定していますが、その間に御用があれば店を開けることも可能です。
その際には前もってご連絡をいただけたらと思っております。
簡単な記事となりましたが、これで今日を閉じることと致します。
では、お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ