2017年度の干支飾り「酉の木目込み人形と組紐で作られた鶏」

 今日は展示会の後始末です。

商品を整理し、広げた売り場から畳を上げて元に戻さなければなりませんが、一日で終えることができず、毎日が追いまくられている気がしてなりません。

それでも気持ちを切り替えて11月の店作りを考えているところです。

早いもので今年も残すところ2か月余りとなり年末商戦へと向かう訳で、店としてはその準備を怠らないようにしていかねばなりません。

その中でも力を注ぎたいのが新年を彩るお正月飾りです。

店の器に合った品揃えで干支飾りのスタートを切ったばかりですが、紹介が遅れているこだわりの干支物があるもので、今日はそれを紹介させていただきます。

DSC_0005etonokimekomininnfilyou.JPGこちらの品は届いたばかりの干支の木目込み人形になります。

ちりめん素材を使って仕上げたもので、シャープなボディが気にいっております。

DSC_0003etonokimekominnngilyou.JPG黒塗りの台の大きさは、約15×12cmのもので、高さは台も含めると17cm近くあるものです。

お値段は税込み価格¥10,800となります。

DSC_0006kumihimodetukurarettoridosinookimono.JPG次の紹介させていただくのが、お香屋さんから出されている組紐で作られた酉です。

こちらの商品は辰年から毎年干支飾りを組紐で作って発表されているもので、今年は酉ということで鶏をイメージしたものなんですね~

DSC_0011kumihimdetukuraretaturidosinookimono.JPG金茶色の入れ物に入っているのは白檀の珠で、鶏の卵だそうです。

お香屋さんらしい発想かと思っていますが、組紐でここまで仕上げるには大変だったことでしょう・・・

本体は紅白と尾が金で、誠におめでたい飾り物ではないかと思っています。

赤毛もうせん大きさは10cm角でお値段は税込み¥6,480の品です。

どちらも数量に限定がありまして、数がなくなり次第廃番となる商品と聞いております。

ここしばらくはご注文が取れる品ですので、よろしければご連絡をいただけたら嬉しく思っています。

DSC_0001etonokannbann.JPGそして、地域の方に衆知できればと考えて、干支飾りの看板を立てて集客を図りたいと考えている私です。

昨日も記事に書き込みましたが、時間は私の都合に合わせてはくれません。

そのことを考えると、常に段取りが求められていて片時も気が抜けません。

店を守っていくことって、何があっても前を向くことかと考えていますが、ここにお客様の心理を読み解く魅力作りが求められるだけに、これでいいのかと、つい考えてしまいます。

自分にできることって限られているのに、他にできることがないかと探る一日だったかもしれません。

正直なところオーバーヒート気味ではありますが、リセットして、もう一度空を飛んでみたいものです。

それでは今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ