大人のクリスマス帯と合わせた帯締めにおしゃれ感を感じています

   今日も県外からの商品の問い合わせや、来店されたお客様の着物相談などが続いてとても忙しい日でした。

予定していた裏方の仕事が出来ずに終わっってしまいましたが、そのことよりも、いろんなお客様から和装のことでご相談をいただけることが、着物屋として嬉しいものがあります。

どちら様も納期を急がれる用件ばかりで、間違いを起こさないように念には念を入れて電話で段取りを入れる一日でしたが、店の明かりを落としてからようやく落ちつきを取り戻す私でした。

しかし、一日を締める投稿が残っております。

もう一頑張りしなくてはなりません。

たまたま関東方面の方からクリスマス柄の帯のことで問い合わせが入っていたので、今日はその話題を採り上げてみたいと思います。

おしゃれな女性の方にはクリスマスと和装の着こなしは結びつくみたいで、商品の問い合わせが入ってくるのはこの時期が最も多いかもしれません。

そんな大人の女性にお勧めしたいのが、こちらのクリスマス柄の名古屋帯です。

DSC_0002kurisumasunoobi2016nenn.JPG雪が降り落ちる夜に空をソリに乗ったサンタさんをトナカイが走る様子をシルエットタッチで描かれていて、とても味のある帯ではないかと思っています。

画像で明るいレモン色が入った縞柄の小紋に合わせたもので、こちらの帯に夢心地になっていただけたら嬉しいのですが・・・

DSC_0004kurisumasunoobi.JPG光の加減で帯の映り方が変わりますが、黒地の濃淡と雪の結晶を刺繍で仕上げているところがあっさりしていてステキでしょ・・・

私のこだわりはクリスマス柄の模様だけではありません。

この帯にどのような色の帯〆を持ってくるかがとても重要に思っていて、ここではエメラルドグリーンの単色の帯〆に、雪をイメージした白のマシュマロのような白房の付いたものを合わせてみました。

(選択肢の一つにレモン色もおしゃれではないかと考えています)

このエメラルドグリーンのラインと白房が隠し技ともいえるもので、帯をより一層おしゃれなものにしてくれているのではないでしょうか?

まさに大人の着こなしです。

時間がなくて帯揚げまで合わせることができませんでしたが、帯〆帯揚げの合わせ方で装いが変わることを頭に留めておいてください。

しかし、ここまで気を遣っていない人が多いのも現実で、手を抜くとおしゃれは壊れてしまうことがあるんですね~

なので楽しい帯を手にしたときは、専門家に最後の仕上げをどうしたらいいかを相談されることがおしゃれの秘訣かもしれませんね。

是非参考にされてみてください。

この話題はこれくらいにして、これまで出会ったことのない着物愛好家に、店の特徴を知っていただくことって簡単なことではありません。

そこにはネットからの情報が加速的に氾濫していて、店との出逢いが難しくなっていることに気づかれています。

これも時代の流れかと思うと、悔しさがこみ上げてまいりますが、粘り強く情報発信ができるように頑張る覚悟でいます。

そんな時に出会いを持てたお客様がいたとしたら、それは私の宝物で、私の引き出しを全て出して着物を着ることの喜びをお伝えしたいですね~

なかなかご理解いただけるものではありませんが、これが私の役割だと考え、夢を持ち続けれる店でいたいです。

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ