或るお客様のお羽織の見立て・そして「何をしても何を思っても」気の遠くなる話

   店はお客様の生活を豊かにするために存在するものだと考えている者の一人ですが、来客が少ないと、的外れなことをしているのではないかと、つい考えてしまいます。

小さくても経営に関わるものの宿命とも言える感情ですが、そんな時「どう動くか?」が経営センスかと思うと知恵を絞り出さなくてはなりません。

その意味では、県外の着物愛好家を視野に入れなければならないのが和装業界の現状かと考えています。

信頼と安心に加えて気軽さと店の魅力を伝えることの難しさがネットの世界にあることを承知していますが、どうしたらいいのかが良く分かりません。

この難題を考えたとき、私にできることといえば、毎日ブログ記事を投稿することしか思いつきません。

知恵を出す行為とは言えないだけに物足りなさを感じていますが、ご縁を生み出すものだと信じたいものがあります。

その一方で、繋がりをいただいたお客様がリピーターとなっていただけることを真剣に考えなくてはなりません。

「この先、何ができるのだろう・・・」

考えても考えても尽きない店作りに想いを寄せる私がいますが、たどり着くところはいつも、この仕事を自然体で好きになることではないかと思っています。

何を根拠にそう思えるのか自分でもよく分かりませんが、何をしても、何を思っても気の遠くなる話で、生前、妻にこの話をすると呆れていました。

時間を無駄に浪費しているのかもしれませんが、それでも、問題意識を持って諦めない気持ちを持ち続けたいです。

愚痴がこぼれてしまいましたが、今日は、或るお客様からご相談をいただいている、お羽織をお見立てさせていただきます。

ここからは一人のお客様に向けての映像になります。

6点の品を提案させていただきますが、ご一緒にご覧いただけたら幸いに思います。

DSC_0084haori.JPG

DSC_0108.JPG1〉江戸小紋調/クリーム地・・・品番:02-2151ー1A

DSC_0082haori.JPG

DSC_0083haori.JPG2〉渦/グレー地・・・品番:02-2151ー2B

DSC_0086haori.JPG

DSC_0087kaori.JPG3〉唐草/チョコレート地・・・品番:02-8271ー3K

DSC_0088haori.JPG

DSC_0089haori.JPG4〉草木染/ベージュに黒・・・品番:02-2502ー0G

DSC_0080haori.JPG

DSC_0081haori.JPG5〉ローケツ染め/銀ネズ・・・品番:02-0261ー3I

DSC_0090haori.JPG

DSC_0091haori.JPG6〉線描き/黒地・・・品番:02-4491-5Z

ご相談をいただいたお客様からは、お好みとする雰囲気やご予算を聞かせていただいているので、今回の画像を元にお電話でお話をさせていただきたいと考えております。

言葉のない画像になりましたが、どうかご理解ください。

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ