作り手の味を感じさせられる「染織作家・見留敦子氏」の綾織八寸帯・そしてドカ雪の後遺症!

作家物の綾織り八寸帯

先日のドカ雪は運送業に混乱を巻き起こしたみたいで、昨日も今日も、店から発送する荷物の集荷に寄っていただけません。

昨日も京都の担当者から電話があり、北陸の雪の状態がどうなっているかの問い合わせがありました。

発送した荷物が届いていないとの電話が北陸の専門店さんから寄せられていて、実態を確認したかったのでしょう。

 

おそらく運送業者は配達が遅れている荷物を優先させたくて、集荷の受付を見送ったのだと思われますが、ネットからいただいた注文が2件あり、発送ができないことを心苦しく思っています。

明日は荷物の集荷ができるようになると期待していますが、雪になれている北陸人であっても、今回の雪はいろんなところに問題を残したようです。

 

今回のような度が過ぎた雪が降ることがあるから、人一倍、春が恋しく思えるのかもしれませんね。

 

とにかく割り切って、春の準備を整えたいと思っているところです。

 

 

 

作家物の綾織り八寸帯
作家物の綾織り八寸帯

この画像は染織作家の見留敦子さんが手がけた綾織の八寸帯です。

 

組紐のような織り方をした帯で、吸い込まれそうな曲線美に作り手の美学を感じさせられていますが、手仕事とあってとても締めやすい帯かと思っています。

 

 

 

作家物の綾織り八寸帯
作家物の綾織り八寸帯

見て下さいこの組み方を・・・

 

織り糸を染めて、藍の濃淡と白でグラデーションを作り出しながら立体感を創り出しているものです。

気の遠くなる時間がかかったのではないでしょうか?

 

無地感の染め物の着物や、紬などに合わせると見留さんの作品が生かされるのではないでしょうか?

何気ない帯に見えるかもしれませんが、作り手の技が味となっておしゃれを楽しむことができることでしょう。

 

単衣物にも合すことができる帯であることも一言付け加えさせていただきます。

参考にさせてみて下さい。

 

 

 

店のウインドー
店のウインドー

この時期はお客様の来客を望みにくいところがあり、苦労させられますが、せめて外から見ることができるウインドーだけは頻繁に替えて、お客様の興味を引くものになればと考えています。

 

今月はこれで3度目の模様替えとなりましたが、いくらかでも春が伝えられるウインドーであればいいのですが・・・

そんな願いを持って雰囲気を変えてみました。

 

ところで体内で風邪のウィルスが動き回っているのでしょう。

昨夜の胸の痛みも治まり鼻水と咳が少し残っていますが、ずいぶん楽になりました。

ウィルスも私の体内では勝ち目がないと思って諦め始めたのかもしれません。

 

油断はできませんが、もう少しでウィルスとサヨナラ出来そうです。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ