「注目のゆかた登場」で見立て会がスタート・そして加賀染浴衣を夏着物としてコーディネート

店頭に出したゆかたの看板

今年の浴衣商戦を見据えて、店頭に新しい看板を出してみました。

 

 

店頭に出したゆかたの看板
店頭に出したゆかたの看板

「注目のゆかた登場」という看板です。

 

セレクトした新作浴衣が店頭に顔を出し、ゆかたが選べる環境が整ったことをアピールするもので、店としては浴衣商戦の始まりを意味するものです。

 

店のホームページの情報も新しくなり、これから知恵を絞って様々な浴衣情報を発信したいと考えています。

 

特にこの時期は、単衣の着物としても着れる浴衣地の着こなし提案から始めたいと思っていて、今日も上品な加賀染め浴衣をコーディネートしてみました。

 

 

 

 

加賀染め綿絽浴衣を夏着物としてコーディネート
加賀染め綿絽浴衣を夏着物としてコーディネート

 

その加賀染め浴衣のコーディネートがこちらの画像になります。

 

こちらの浴衣地は、地元石川県で加賀小紋を染めていらっしゃる坂口幸市氏が綿絽生地を使って染められた夏着物で、市場にあまり流通していない品です。

 

水色に蝶の柄をあしらった小紋柄に格子柄の麻八寸帯でコーディネートしたもので、可愛い着こなし方かと思っております。

 

 

 

 

加賀染め綿絽浴衣を夏着物としてコーディネート
加賀染め綿絽浴衣を夏着物としてコーディネート

 

この装いに、夏の帯〆帯揚げを加えた画像がこちらになります。

綿素材の税抜価格¥38,000の浴衣地ですが、こうしてコーディネートしてみると上品な夏着物になるでしょう。

 

今の時期から着れるものなので、初めは街着の着物として楽しんでいただいてから、夏祭りや花火大会などに着たいと思えば、半巾帯でゆかたとしてお召しになれるものです。

 

そのようなシーンを想い描いて、加賀染め浴衣を、ゆかたとしてコーディネートしてみましょう。

 

 

 

 

加賀染め綿絽ゆかたをコーディネート
加賀染め綿絽ゆかたをコーディネート

レモン色の紗織半巾帯で組み合わせてみました。

 

着物としてコーディネートしたものとは雰囲気も変わり、よりカジュアルなゆかたの着こなしになったでしょ・・・

チャラチャラしていなくて、飽きのこないゆかたかと思いますが、このような感じで、二通りの着こなし方ができる浴衣があることを頭に留めておいていただけたらと思います。

 

近年は合理的な既製品のゆかたが主流になっていますが、着やすさにも気を配り、ご自身の体格に合った寸法で仕立てを加えて、訪れる夏を浴衣で楽しんでみて下さい。

 

そのお手伝いをさせていただけたらと思って、品揃えを充実してみました。

気軽に覗いていただけたら嬉しく思います。

 

それでは、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ