BIGJOHNのデニム風呂敷が登場しました・そして「みんな迷っている」感じがした京都

デニム風呂敷

毎月月初めに京都の仕入れ先に足を運んでいますが、1月だけは正月休みとあって、仕入先の展示会が今日と明日の二日間という先が多く、日帰りで戻ってきたところです。

 

変則の月商とあって、京都入りしている同業者は極めて少なく、訪れる先々で、「今年も難しい年になりそうですね~」と、話す担当者。

 

 

商品も人も動かない現状を見た時の本音の叫びだと思えるものがありました。

 

誰もが迷っている感じがしましたが、考えてみれば選択する道が幾つかあって、その進むべき道をどう選んだらいいかを「迷う」とういニュアンスとは違うかもしれません。

 

むしろ、どうしていいか分からないというトンネルの中で出口を探している状態で、迷子になっていると言っても過言でないかもしれません。

その事に深く振れことなく、淡々とビジネスの話に舵を切っていた感じでした。

 

色眼鏡で見ていたところがあったかもしれませんが、本格的に業界が動き始めるのは仕入れ先の足並みが揃う2月初めの月商かと思っています。

 

さて、来月2月23日が「つ(2)つ(2)み(3)の日」であることから、風呂敷のこだわってみたいと考えていましてね~

 

毎年2.3月は風呂敷を格にした店作りを和雑貨部門で採り上げているので、珍しいことに取り組むということではありません。

 

しかしそのことがマンネリ化を生む原因となるので、新しい情報がないかと風呂敷の仕入れ先を覗いてみることに・・・

 

面白そうな商品がありました。

 

 

 

 

デニム風呂敷
デニム風呂敷

 

BIGJOHNデニム風呂敷です。

ポケット付とファスナー付の2種類。

 

 

 

 

デニム風呂敷
デニム風呂敷

 

そのファスナー付がこちらの品です。

 

担当者いわく、これまで風呂敷にファスナー付のポケットが付いたものがなく、デニムのブランド名が付いたBIGJOHNに若い年代層をターゲットに開発された商品だとか・・・

 

 

 

 

デニム風呂敷
デニム風呂敷

 

大きさは75㎝幅と、120㎝幅を用意したそうです。

 

 

 

デニム風呂敷
デニム風呂敷

 

こちらがポケットが二つあってファスナーがないタイプ。

風呂敷の販売価格帯として高いのが気になりますが面白い風呂敷です。

 

 

風呂敷の提案に活かすことができればと思っていますが、ハードとソフトの両輪で風呂敷の魅力を高める提案ができたらいいのですが・・・

 

それでは今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ