撫松庵のプレタ着物・模様に入れ方が他の着物と違っていてとてもオシャレ!

撫松庵のプレタ着物

二日前にきもの雑誌、「美しいキモノ」の夏号が全国発売になり、業界は夏物商戦に入ったと言えるかもしれません。

 

店は今が旬といえる着物や帯、そして和装小物の品揃えを増やしてお客様のご要望にお応えできる環境を整えているところです。

 

中でも浴衣にはこだわりを持っていて、きもの雑誌で紹介されているメーカー品を揃え、オシャレなコーディネート提案ができるように努めています。

 

主力にしている浴衣メーカーさんは、古典的なものなら竺仙さんや三勝さんで、個性的なものは撫松庵さんを格にして展開していますが、それ以外にも多くのブランド品があり、浴衣専門店といっても過言でないかもしてません。

 

そこで今日は、和装業界のファションリーダーとして誰もが認める、撫松庵のプレタ着物を紹介してみましょう。

 

 

 

撫松庵のプレタ着物
撫松庵のプレタ着物

 

それがこちらの単衣プレタです。

 

今年の新作浴衣発表時に出品されていた着物で、セオ・アルファという新合繊で染めていて、自宅で洗えるというのが最大の特徴かと思っています。

 

シャリ感のある風合いを持っていまして、単衣時期から盛夏に着れるプレタ(仕立て上がり)着物です。

 

 

 

撫松庵のプレタ着物
撫松庵のプレタ着物

 

前置きが長くなりましたが、この着物の柄の取り方がとても変わっていましてね~

更紗っぽい柄が、上前に衽(おくみ)と左袖の袖口にだけに入っているという、これまで見かけたことがない模様の取り方をしていまして、単衣の訪問着として通用する着物ではないかと考えています。

 

 

 

撫松庵のプレタ着物
撫松庵のプレタ着物

 

袖を拡大した画像ですが、これを浴衣として着る方もいれば、夏着物として着る方もいて、着物の固定概念を変える発想を持って着物を作っているメーカーさんかと思っています。

 

私は単衣時期から盛夏に着る着物として着ていただけたらオシャレなんじゃないかな~

それも普段着として着ていただけたら、誰もが口を揃えて「変わった着物ですね~」と、言われることでしょう。

 

こうしたオシャレが楽しめるのも、お値段が税別で¥43,000とリーズナブルな価格であることや、すでに仕立て上がっていることもあり気軽さがあるように思えます。

 

撫松庵さんは固定観念にとらわれずに、おしゃれを楽しむことを一番に考えて市場に送り出したのでしょう。

 

それを注文していまして、昨日届いたものでここに紹介してみました。

まとまらない記事になってしまいましたが、参考にしていただけたらと思っております。

 

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ