墨色と白地のツートンになったおしゃれな夏袋帯・そして夏の装いに加えたい夏かんざし

西陣織夏袋帯

朝のテレビで新型コロナ感染は夏場はしばらく落ち着くものの秋口から第二派の広がりが考えられるとの専門家の見解。

この状態がこの先数か月続くと経済活動はこれまでに人類が経験したことのない最悪の状態に陥ることになります。

一日も早くワクチンの開発が望めれますが、これまでの仕組みが大きく変わろうとしていてビジネスの根幹を揺るがす事態になっている気がしてなりません。

 

世界が元気を失ってしまって気持ちが落ち込みますが、その中で店作りをどう舵取りをしていくのか?

突き付けられた課題に頭を悩ます日々が続いています。

 

今朝の新聞の天気予報を見ると明日から晴れの日が続いていて、いよいよ夏商戦のスタートがきれるのではないかと考えています。

店内はその受け入れ態勢を終えていて、次なる一手となる販促を考えたいと思っていますが、人との接触をできるだけ避けることを言われるとどうしていいのか考えがまとまりません。

 

取りあえずネットを使って店の情報を出して行くことこだわりたいと思っているところです。

 

 

 

西陣織の夏袋帯
西陣織の夏袋帯

これは夏物の西陣袋帯で、夏の訪問着や附下などに合わせる帯になります。

 

夏物になると着物も帯も比較的薄地が多くなり、白っぽい着物に白っぽい帯の合わせ方が少なくありません。

そうなるとコーディネートに色のメリハリを出すことが難しくなり、帯〆と帯揚げの色で装いを整える合わせ方になってしまうんですね~

 

暑さの厳しい時なので、深い色を重ねない方が見た目に涼しさを呼ぶのかもしれませんが、画像にあるような墨色と白地のツートンに分けれた帯を一本持っていると、着物に合わせた時の当たりが柔らかく出ておしゃれ感を表現することができるんですね~

 

模様は流水の萩の柄で秋の涼しさを呼ぶ素敵な帯かと思っております。

 

 

 

夏かんざし
夏かんざし

 

そしてこちらは夏の装いに加えて欲しい夏かんざしになります。

 

店では浴衣を夏着物で着こなす提案を始めたいと考えていまして、こうしたかんざしを装いに加えることで、より一層浴衣が着物らしくなるのでないかと考えています。

他にも種類がありますが、”玉かんざし”っぽい品を集めて映像を撮り込んでみました。

そう、さりげなく挿すかんざしって感じかな~

 

和装でのアクセサリーの役割を果たすもので、夏にふさわしい透明感のある品をお使いいただけたら素敵かと思います。

 

夏かんざしはオンラインショップでも買えるかと思うので参考にされてください。

今日は中身の薄い記事になりましたがこれで終わらせていただきます。

では、お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ