無地感の絞りの着物に合わせた個性的な染帯・どちらにも涙市価格が付けられました

おしゃれな装い

これから夏本番を迎えようとしているのに、この静けさはいったい何だろう・・・

日本中を駆け巡る話題はコロナ下においてのGoToキャンペーンの在り方。

 

健全な社会生活に戻したくてもそれが適わないなんて、考えれば考えるほど腹正しく思います。

治療薬を一日も早く見つけだして豊かな社会が戻ってくることを期待したいです。

 

私の店は涙市に向けて商品の値付けが始っていまして、今日から秋冬物の着物や帯に涙市価格を付け始めました。

数か月間、夏物ばかり触ってきたこともあり、売り場に出して改めて娘たちを見ると、とても新鮮に思えるから不思議です。

 

でも娘たちに告げられるのは割引をしたお値段。

とても辛い作業ですが、年に一度の決算とコロナ下を乗り切るには綺麗事を言っている時ではないのかもしれません。

 

希望、願い、我慢、不安、恐怖、挑戦、毎日いろんなことが交差して考えることが多くありますが、今は涙市に全力を尽くしたいと思っているところです。

 

 

さて、今日は秋冬物の着物の中からおしゃれな帯と組み合わせた絞りの着物を紹介してみましょう。

 

 

 

おしゃれな装い
おしゃれな装い

 

部分的に絞りを加えて黄色系の着物で、合わせる帯でセミフォーマルぽっい装いにもなれば、画像にある墨色の染帯を合わせれば、超個性的な普段着となる着物かと思っています。

 

帯が目立ってしまいましたが、大人可愛さがあってオシャレな着こなし方でしょう。

 

 

 

 

絞り染めの着物
絞り染めの着物

 

着物の画像を拡大してみると、着物の地色にグレーで絞った個所が見て取れるかと思いますが、この絞りが飛び柄として生きていまして、品のいい仕上がるになっているんですね~

 

こちらの着物と帯に涙市価格が付けられましたが、どちらの品もとっても素敵なのでお勧めさせていただきたいです。

 

確か絞りの着物は割引価格が8万円台だったかな~

参考にされてみて下さい。

 

閉店後に或るお客様のお父様のお通夜に伺ってきたのですが、とっても素敵な家族関係を拝見することとなり、心が通った温かな通夜に心が打たれました。

 

コロナの感染拡大で人間関係がギスギスしたところが見え隠れしていまして、ゆったり感が無くなっている感じがしてなりません。

そんな不満を持っていたからしれませんが、家族の優しい接し方に感じるところがあったのかもしれません。

 

命というものはいつか絶えるものですが、家族から愛される生き方をしたいと思った、そんなお通夜でした。

 

変な記事になってしまいましたが、今日はこれでおしまいにしたいと思います。

では、お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ