竺仙さんの「松煙染小紋」と「奥州小紋」で単衣時期の着こなし提案が始まります

竺仙さんの松煙染小紋と奥州小紋

いまだに社会の話題を独占しているのは、抑えきれずにいるコロナ感染のニュースで、大阪府の感染者数の増え方に驚かされています。

新型コロナが現われたから1年数ヶ月経ちますが、コロナがニュースにならなかった日は一日もなかったのではないでしょうか?

 

その間私たちはコロナ情報をいろいろ学んできているはずなのに、抑えきれないってどういうことなの!

昨年のこの時期はマスクが手に入らなくて、誰もが新型コロナ感染症を怖がっていたはずなのに、1年以上も続くと怖さに慣れてしまって心にスキができるのかもしれませんね。

 

あることで大阪の仕入先に電話を入れることがあったのですが、担当者に大変な事態になっているのではないかと尋ねてみると、弱気なことを言えないこともあったのか、「慣れてしまいました」みたいなドライな話しをしていたので驚きました。

現実を真摯に受け止めているのかもしれないが、このまま変異ウイルスが全国に広がったとしたら、再び経済活動を止めなくてはならなくなるでしょう。、

 

考えさせられることが多くありすぎて、マスクがいらなくなる日はいつになったら来るのでしょう・・・

 

コロナ禍であったとしても経営は続けていかなくてはならない訳で、少しずつですが初夏を見据えた品揃えを考え始めています。

 

着物で言えば先取りの単衣の装い提案となりますが、その提案の先駆けに竺仙さんの「松煙(しょうえん)染小紋」と「奥州(おうしゅう)小紋」を店頭に出しました。

 

 

 

竺仙さんの松煙染小紋と奥州小紋
竺仙さんの松煙染小紋と奥州小紋

 

博多半幅帯とコーディネートされた向かって左側が松煙染めで、右が奥州になります。

2点とも浴衣としても着ていただける着物で、ゴールデンウィークからの町歩きに絶好の着物かと考えています。

 

そこで考えておきたいことは、この店がどのような単衣の装い提案ができるかということです。

 

単衣きものが用意されていて、そのきものに合わせる帯の種類が幾つかあると、お選びになる側の人は楽しんでいただけるにちがいありません。

そしてそこに長襦袢と半衿、帯回りの小物に草履とバッグが揃って始めてトータルコーディネートができあがるのです。

まさしくオンリーワンの楽しみ方を手に入れることができる醍醐味かと思っています。

 

考えてみて下さい。

街着を楽しみたいとお考えでしたら、お洒落な商品が幾つもあったらワクワクさせられませんか?

買い物が楽しく思えるだろうし、センスも磨かれるに違いありません。

 

目指したいのは愛好家が楽しめるセレクトショップを作り上がることです。

これからこだわりの浴衣も加わってくるので、”きものふくしまの世界”を作り上げたいと思っているところです。

 

どうか楽しみにしていて下さい。

そしてその延長線に今月23日からの「牛首紬展」があると思っていて下さい。

 

今はどんなプレゼンができるのか、そのことで頭がいっぱいになっています。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ