ひまわりの浴衣を見ていてひまわりのような店でありたい・コロナ禍で私の胸の内を綴る

ひまわりの浴衣

8月8日に浴衣パーティーを開くことから、コロナ新規感染者が増え続けていることに心を痛めています。

 

「どうしてこうなるの?」

そんな口説きの言葉が出てしまいますが、どこで感染者を広げているのでしょう。

 

何かを始めようと思うと、必ずと言って障害となるものが付いて来て、その度ごとにどう動いたらいいのか判断を突きつけられます。

それが店を切り盛りするということなのでしょう。

 

長引くコロナ禍の中で、何にも楽しいことがなくてつまらない。

そんな話をされて帰られるお客様が少なくなくて、そのような声を聞く度に、店として何かできないだろうかと考えてしまうんですね~

そのような背景もあって、ゆかたパーティーを開催させていただく次第です。

 

 

 

お客様からの差し入れ
お客様からの差し入れ

 

今日もゆかたパーティーに参加される方が着付け教室に来ていらっしゃいましたが、私の心労を気にかけてくれていたのか栄養ドリンクを差し入れくださいましてね~

とても嬉しかったです。

なんとしてもコロナ感染対策に注意を払って楽しい時間を共有できるように力を注ぎたいと思っています。

 

 

 

ひまわりの浴衣
ひまわりの浴衣

 

この柄を見ていると店はひまわりでありたいと思うところがあり、再びここにアップさせていただきました。

亡き妻が好きだった柄で、ひまわりのように明るく人を引き付けた女性であったことを思い出します。

 

何故か元気だった頃の妻のことを思い出しまいますが、業界を取り巻く環境はコロナ禍で踏み出し道さ見つけられなくなっていて、心の持ち方が問われているように思えてなりません。

 

明るい話題がないのなら、明るい話題を作る気構えで仕事と向き合うことで、見えてくる世界が変わると信じることが大切なのでしょう。

この店には着物をこよなく愛す人が沢山いらっしゃいます。

店はその人たちに支えられていて、和装のおしゃれを伝えられる店であり続けることが店の役割だと考えたいです。

だからお客様の笑顔が見たい。

その想いが私の背中を押しているのかもしれません。

仕事への使命感を持って、お客様と共に明るい未来を見続けることが、今の私ができることかと思っています。

だからひまわりの花のようになりたいのです。

 

とりとめのない記事になりましたが、私の胸の内を記事にさせていただきました。

 

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ