弁慶格子の帯で秋を装いをコーディネート・そして輝く一番星になれない自分が悔しい

弁慶格子の帯で街着をコーディネート

このコロナ禍でも頑張っている企業やお店は沢山あって、他社には無い強みをブランド化し、現代のニーズに合ったやり方で推し進めながらファンを集めているのではないでしょうか?

 

テレビの情報番組などで、新商品にお客様が順番を着いている話題を見せられると羨ましくてなりません。

そして、「誰が考え出したのだろう」と、つい考えてしいます。

 

「食」や「物

「食」や「物」であったり、「サービス」なども含めて、この世には溢れんばかりの情報が薄巻いていて、その中で抜きに出たお店を知ると、

「想像の範囲を超えた努力があったに違いない。同じ人間なのにどうして自分には輝く一番星になれないのだろう。」

こんな感じで悔しさが湧き上がってまいります。

 

そして自分にも何かできることがあるはずだ!

それを探すのが仕事なんだといい気かさていますが、半世紀近くこの仕事と向き合っていて未だに見つけ出さないとは情けなくなります。

 

こんな口説き話から記事が始まってしまいましたが、私が理想とするのは「和装の美しさと豊かさの追求」です。

何かを成し遂げた訳ではありませんが、その理想とするものがあるから頑張ることができているのでしょう。

 

まだまだ道は遠いが、店の強みを生かした店作りを形にすることが、今、私ができること。

オンリーワンを目指して日夜考え続ける私です。

 

 

 

弁慶格子の帯で街着をコーディネート
弁慶格子の帯で街着をコーディネート

 

秋が深まり始めると色の深い着物が恋しくなりませんか?

特に若い年代層が地味な着物を小粋に着こなす方が目に付きますが、その多くが普段着の着物。

 

まさにここにアップさせていただいた渋い色を半衿でお洒落したり、可愛い帯を合わせて楽しんでいらっしゃる気が致します。

そこで明るい色合の弁慶格子の染帯でコーディネートしてみました。

 

このような組み合わせにお洒落な帯留めを乗せたり、ハッとする色の帯締めを加えたりして個性を楽しんでいるのが今時の着物愛好家かと思っています。

 

ここでは装いを演出する和装小物を合わせていませんが、着物と帯の組み合わせに美しさを感じていただけるのではないでしょうか?

年代幅も広くこのスッキリ感が私は好きですね~

 

この組み合わせをベースにどんな小物を組み込むかで年齢層が替わるのではないでしょうか?

 

この先は貴女の個性を生かして訪れる秋をお楽しみください。

中途半端な解説になりましたが、今日はここまでとさせていただきます。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ