丹後木綿のきものを黒地に赤の椿柄の染帯でコーディネート・小粋な装いとなりました

丹後木綿のきものを黒地椿柄の帯でコーディネート

今日も秋晴れの温かな一日でした。

お客様周りには絶好のコンディションとあって、11月の販促物を持って、午前も午後も外回りをすることができました。

 

毎日気持ちのいい天気が続いていますが、この陽気に誘われて、たまにもきものでの外出も悪く無いと思いません。

美術館に行ったり、野外のイベント会場を覗いたり、着物で会席料理をいただくのも乙じゃない。

 

もしもそんなシーンに着物を着るとしたら貴女はどのような着物を着ますか?

 

多くの人が紬や小紋の着物を頭に浮かぶかと思いますが、木綿のきものも悪く無いと思いません。

 

木綿のきものを洋服に例えるなら、ポロシャツに綿パンの組み合わだったり、Tシャツにジーパンって感じかな~

気楽に着れて、かしこまっていないところが似ているのではないでしょうか。

 

その木綿のきものが近年注目されていて、SNSでいろんな着こなしを目にするようになりました。

私に店にも木綿の着物が欲しいとの声が届くようになり、数ヶ月前に「丹後木綿のきもの」を店でデビューさせてみたところ、これがとっても評判が良くてね~

 

 

 

丹後木綿のきものを黒地椿柄の帯でコーディネート
丹後木綿のきものを黒地椿柄の帯でコーディネート

 

このコーディネートの縞柄着物が丹後木綿で、その着物に黒地に赤の椿柄で組み合わせたものです。

白とモスグリーン色の棒縞が等間隔に入った小洒落た着物で、黒地の染帯がお洒落な装いを高めていると思いませんか?

 

ワインポイントで表現された赤い椿がとても印象的で、木綿の着物に合わせたものだとは誰も想像できないのではないでしょうか?

 

木綿の着物なのに、生地の艶が絹物の着物とほとんど同じ感じに見える点が丹後木綿の特徴で、お値段がリーズナブルなこともあって人気商品になっています。

 

赤い椿柄の帯との組み合わせ、格好いいと思いませんか?

この装いで街中を歩いていたら間違いなく注目されるに違いありません。

 

丹後木綿のきものは税込み価格39,600円で、単衣オーダーメイドの仕立て代が加わると、仕立て上がり価格は52,800円となります。

多くの方にご愛用していただきたくて、お求めやすいお値段を設定させていただきました。

ここしばらくは、このお値段で販売させていただきますが、来年から5%くらいお高くなるやもしれません。

 

普段から着物を着られる方は、試しに丹後木綿に袖を通してみてはいかがでしょう。

必ずや満足していただけると思っています。

 

ということで今日の記事と致します。

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ