先染め牛首紬の魅力を語る・そして3月に銀座の時事通信ビルホールに牛首紬が並びます

先染めの牛首紬

今日は外回り。お天気も良くて気持ち良くしていました。

店に戻れば、気持ちを切替えたブログ投稿のネタを探さなくてはなりません。

 

その切り替えがスムーズに行かないと慌てたりしますが、今日は映像をパソコンに取り込むことができないというトラブルが発生しまして、どうしたものかと独りで右往左往していました。

そのことを電話で娘に話すと簡単な操作で正常な状態に戻りましたが、このようなことが起きるとリズムが壊れるんですね~

 

毎日記事を書くことは骨が折れますが、情報発信が店の生命線と繋がっていると思うと投げ出すことはできません。

「もう少し頑張れ!」

もう独りの自分に声を掛ける閉店時でした。

 

 

 

先染めの牛首紬
先染めの牛首紬

 

こちらの着物は私の好きな先染めの牛首紬です。

画像を目にしてお分かりのように、織りに節があるのが牛首紬の特徴で、適度な光沢と生地が肉厚なのに張りのある柔らかさがあって、とても着やすい紬なんですよ~

 

そればかりか、この牛首紬は墨色の濃淡で縞柄を作っていまして、モダンさに熟女の香りを秘めていると思いませんか?

色眼鏡で見てはいけませんが、関東向きの小粋さを感じる縞柄の牛首紬です。

 

 

 

牛首紬を小千谷紬に刺繍した帯でコーディネート
牛首紬を小千谷紬に刺繍した帯でコーディネート

 

こちらの着物に小千谷紬の帯地に「インカの鳥」を刺繍で描いた帯を合わせてみました。

これがとても似合っていて、きもの通の着こなしになったと思いませんか?

 

この店ならではの組み合わせかと思っていますが、大人の着こなしでしょう。

 

実はこの牛首紬が3月に銀座の地で「日本紬織フェスティバル」という展示会に登場致します。

一般の消費者を対象にした展示会で、私の地元で織られている牛首紬が出品されるとのことで、石川県白山市から参加させていただくことにしました。

 

 

 

お楽しみ企画「牛首紬の織の実演」
お楽しみ企画「牛首紬の織の実演」

 

詳しく話を伺うと、会場に機織り機を持ち込んで牛首紬の手機の実演をされるそうです。

単に作られた製品を見るだけの展示会ではなくて、白山の地で織られている牛首紬が銀座で再現できるって、またとない機会かと思いませんか?

 

ネットで繋がりを持った関東圏のお客様には事前に店の情報紙でお知らせを入れさせていただいていますが、他にも多くの方にこの展示会を告知したくて再び記事に取り上げてみることとしました。

 

「日本紬織物フェスティバル」

◆とき:3月11日(金)~14日(月)

11日は午後1時から 12日~14日は午前10時から  午後は5時半までとなっています。

◆ところ:時事通信ビル/時事通信ホール 東京都中央区銀座5-15-8 ☎03-3546-6606

 

この会では全国の織物産地から紬が並ぶことを聞いていますが、私としては牛首紬にこだわってみたいと思っています。

興味をお持ちでしたら連絡ください。石川県白山市から案内状を郵送させていただだきます。

 

ちなみに土(12日)・日(13日)はお客様がお越しいただけることから会場に詰めていたいと思っています。

せっかくに機会なので、一人でも多くの人と銀座でお目にかかりたいです。

 

なんとか記事を書き終えることができました。

気持ちが少し楽になったところで一日を閉じることとします。

では、お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ