カニさんの夏着物につわぶき柄の帯で「夏の香り」・そして娘が演出した「夏休み」

「夏の香り」カニ柄の着尺につわぶきの帯

昨夜は熱帯夜となりなかなか寝付かれませんでした。

そのことが影響したのでしょう。

午後から睡魔が襲って仕事に身が入りませんでした。

 

暑さもありますが、疲れが溜っていているのかも・・・

 

店は昨日で音のない音楽会が終り、きものコーナーは再び夏物一色の売場へと変身致しました。

ゆかた商戦の前半が不振だっただけに頑張らなくてはなりませんが、今ひとつ盛り上がりに欠けていることが気にかかります。

 

 

 

出入り口の飾り付けは「夏休み」
出入り口の飾り付けは「夏休み」

 

気にかかることがあっても店は遊び心を忘れないようにしていて、店の出入り口の飾り付けは「夏休み」。

娘の演出ですが、季節の移り変わりを手作りで表現させていただいています。

 

カジュアルな感じで親しみやすさもあって、楽しいことを探すことが好きな店なんですね~

この店の特徴の一つかと思っていますが、それは商品の品揃えにも現われているかもしれませんね。

 

 

 

「夏の香り」カニ柄の着尺につわぶきの帯
「夏の香り」カニ柄の着尺につわぶきの帯

 

こちらは夏物の装いで、小千谷の織物の夏物生地を黒地に染めて「カニさん」を浮かび上がらせた夏紬の小紋で、その着物に麻の帯地を絞り染めした「つわぶき」柄の帯でコーディネートしたものです。

 

そしてこの装いの履き物に、竹皮を使った草履下駄にパンダの刺繍鼻緒を組み合わせ品で組み合わせてみました。

 

好みもあるかと思いますが、楽しい気持ちにさせてくれる取り合わせだと思いませんか?

 

 

 

 

パンダの刺繍鼻緒の草履下駄
パンダの刺繍鼻緒の草履下駄

 

特に着物に登場するカニさんとパンダの鼻緒が可愛いと思いませんか?

 

私は街着として着られるなら、フォーマルの装いとは真逆の遊びのある着こなしが楽しいのではないかと考えていて、この考え方で店作りを長年続けていると、知らず知らずのうちに価値観を同じくしたきものファンが集まってくるような気が致します。

 

そしてそれが店の個性となって、他店との違いを明確にしていくのではないでしょうか。

 

時代の変化もあって、この先、着物需要が伸とは思いにくいところがあります。

この点についてはここでは触れませんが、着物マニア向けの店を作っていくことは、限らせた市場の中で生き残るための技かと思えます。

 

何より、仕事が楽しいと思えることが一番で、この感情は理屈ではなくて楽しいからその先のことも楽しさを求めるので、この循環が長続きするコツになっているのかもしれませんね。

 

論点が合わない記事になっていますが、楽しいと思っていただける店を作って、多くに人に利用していただけるきもの専門店になれたら素敵でしょうね~

そんな店を目指したいです。

 

では今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ