カニさんの夏きものにつまぶきの染帯・そして次にフォーカスするのは8月7日に開く「ゆかた会」

つわぶきの染帯で夏をお洒落する!

今日は展示会の後始末です。

仕入先から応援をいただいた協賛品を荷造りをし、売場面積を拡張した店内を元通りにするために陳列器具を片づけ、敷いた畳を上げるなどして朝から肉体労働。

 

展示会中とは違った疲れがありますが、一日中手足を動かしているために余計なことを考えないでいいから、仕事をこなしたという感覚があります。

 

区切りのいいところで体を休めると背中の張りを感じたりしていて、それが時間が経つに連れて体を重たくして行っているから、私がいかに運動不足であることが分かります。

 

今回の後始末が終れば、次は8月7日(日)に金沢国際ホテルで開く「ゆかた会」の段取りをしなくてはなりませんが、毎日ニュースでコロナ感染者が増え続けている報道がなされていて、ゆかた会を開く主催者としては気に掛かって仕方ありません。

 

「どうしてこうなるの!」と言いたい気持ちでいっぱいですが、ホテル側の提案で県民割りを使わせていただくことから、3回目の接種券か陰性証明書の提出が必要となり、参加者に余計な気苦労かけてしまうことに心苦しさを感じております。

 

現時点で30名くらいの参加者となりそうですが、私としてはもう少し参加者を増やせないかと考えていますが、会の進行も含め準備しないといけないことが沢山あってこれからが腕の見せ所。

会を開く目的は、ゆかたや夏きもので非日常的な時間を過ごしていただくことを一番に考えていて、私たちで何ができるのかをもう一度考えてみたいと思っています。

 

次から次へと店の行事が続いて気持ちが休まりませんが、どれもこれも私が選択したこと。

楽しかったと思っていただける結果が残せるよう、ベストを尽くしたいと考えている私です。

 

 

 

つわぶきの染帯で夏をお洒落する!
つわぶきの染帯で夏をお洒落する!

 

これは黒地に白上げでカニさんを描いた夏小紋をつわぶきを描いた染帯でコーディネートしたものです。

個性的で小粋な着こなしだと思いません・・・

 

 

その根拠は、きものが黒地であること。そればまりか、近づくとカニさんの模様であることに驚きがあるのではないでしょうか。

そしてきもの生地が夏物の小千谷紬であることにも面白みがあります。

 

その夏きものに、インパクトのある大きさと色合の植物の葉を帯にした模様を白地の帯に描いているから、帯に力があって印象に残るのでしょう。

 

着こなし年齢の年代幅も広くて、街中でこのような着こなしを見かけたら、格好いい女性に出会ったと思うに違いありません。

炎天下の中でのきもの姿だけお洒落に思えますが、色合や模様にも魅力を放っていて、目にされた方は心を奪われることでしょう。

 

好き勝手なことを書いていますが、夏のお洒落にも興味を持っていただけたらきもの専門店として嬉しく思います。

そしてきもの美人が増え続けることを願って止まない私です。

 

では、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ