手作りのお細工物「古布・鯉のぼりタペストリー」そして「ありがとうのモノサシ」

 とても肌寒い日で、春気分は何処へやら・・・

年度末を迎えていらっしゃる方は、何かと忙しいのではないかと想像していますが、私の店はマイペース。

 

次なるステージへ、ゆっくりと事が動き始めた一日。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

そんな折、古布でお細工物を作っていらっしゃるお客様から、新しい作品が出来たとの連絡をいただき、お伺いしてしてまいりました。

 

 

002tirimennzaikukoinobori.JPG

端午の節句には欠かせない、鯉のぼりのタペストリー。

手作りの味が出ていて、なかなかいい作品だと思います。

 

鯉のぼりの大きさは長さが12,5㎝で仲良く6匹泳いでいます。

 

 

001tirimennzaikukoinobori.JPG

可愛いでしょ・・・

 

タペストリー大きさは丈が約70㎝で巾が22㎝で、お値段は2,940円で発表することに致しました。

数を量産しているものではないので、手にしたいと思われる方は早めにご連絡ください。

 

 

普段、何気なく言葉にしている「ありがとう」は、「有り難し」が変化したものです。

「難し」は、難しいという意味で「有り難し」は「存在するのが難しい」・・・つまり、「めったとない」ことを意味します。

 

「これは、めったにことだ」と、心から喜び、尊ぶ言葉が「ありがとう」なのだそうです。

 

ちなみに、関西弁の「おおきに」は、「おおいにありがとう」の省略形だといわれています。

有り難い気持ちを、もっと強調したものです。

 

考えてみれば、私たちの周りには奇跡が満ち溢れています。

生まれてきたことも、出会いも、なにもかもが奇跡かもしれません。

 

深く考えることがない「ありがとう」に言葉。

一日一日に感謝することができているのでしょうか?

 

幸せに浸かっていると、ブラスαの満たされるものがないと「ありがとう」と感じれない自分。

そして、不満がなくならない生活。

 

与えられた環境に、平凡な生活に、心から「ありがとう」と思える器を持たなくてはいけません。

 

損得勘定は「ありがとうのモノサシ」を捻じ曲げているのかもしれませんね。

 

昨夜は遅くから映画を観賞していて、寝不足になっています。

睡魔が襲っているので、これで今日を閉じることに致します。

 

夜になって寒さが一段と厳しくなってきていますが、油断をして風邪をひかないように気を付けてください。

 

それでは・・・お休みなさい。

  

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 着物・和装

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ