風呂敷から作れるブックカバーの提案だったのに・・・「七夕と本の話し」

 
bultukukaba-003.JPG
 48㎝幅の小風呂敷きで、夜空を見るネコちゃんを視ていると、昔の子どもの頃を思い出しましてね~
随分夜空の星を見上げてはいろんな願い事を呟いたものです。
「勉強ができますように・・・」とか、心を引き付けられるクラスメート、勿論女性ですが、「仲良くできますように・・・」とか、今考えると、ちっぽけなことを願ったものだと思います。
ちょうど、店では大人の七夕飾りといって、お客様の願い事を短冊に書いて竹笹に提げていただいて、温かな心に触れさせていただいています。
その「願い」というものから、ふと、七夕の文化に贈り物をするという心使いが一緒になったら素敵だろうな~
書き始めてから、そんなことを思い始めましてね~

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

実は、小風呂敷きでブックカバーの提案をしたくて、その準備をしていたのですが、違った方向に向き始めたことから、そのことを記事にしたいと思います。

私たちの生活に新しい文化が根付いていて、マスコミに取り上げられるようになりました。
例えば、バレンタインディ-には「チョコレート」、節分は「恵方巻き」、ホワイトディ-は「クッキーとかスイーツ」かな~
一つのビジネスが私たちの心を動かした訳ですが、「七夕に願いを叶える本を贈ろう・・・!」それも大切な人に。
幼い子どもには絵本を、大人には、その人によって影響を与える本があるかと思いますが、新たな世界を知る意味で本の力ってあると思いませんか?
あまり本を読まない自分がいうのも変ですが、そこに願いを叶える道しるべがあったとしたら、感激してしまいます。
これを七夕とジョイントできたらと思うと心が騒ぎます。
bultukukaba-005.JPG
そんな想いから、小風呂敷きで作れる、こちらのブックカバーで心を包んでみてもいいかもしれませんね。
どれも648円の品で、簡単の作れるものです。
この風呂敷の提案をしたかったのに、的を外してしまったかもしれませんね。
最近、私たちの常識では考えられない事件が多くて、どのような育ち方をしたのかと考えさせられるところがあります。
仮に、本を贈る文化が私たちの生活にあったとしたら、それを手にして、心を豊かにすることもあるでしょう。もしかしたら気づきも生まれるかもしれません。
その日が七夕の日に交わされる行為だとしたら素敵だと思いませんか?
是非とも本屋さんに提案したいですね。
さて、今日は静かな一日でした。
来店数にムラがあって、安定というものが望めないだけに新しい提案を探さなくてはならないのだが、
これが至難の業でしてね~
悩みは尽きませんが、信念を持って着物マーケットに向き合いたいと思っています。
それではこれにて・・・
お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ