安倍首相の戦後70年談話を聞いて感じたこととは・・・

 今日は日本の終戦記念日でお盆でもあります。
そして、昨日は安倍首相の戦後70年談話が発表になり、「平和とはなんぞや?」ということを問いかける一日でした。
生々しい戦争体験をした訳ではないもので、脅威と、悲しみや苦しみを理解できるものではありませんが、二度と繰り返されてはならないものだと思っています。
そうした中での70年談話は私には納得できるものでした。
しかし、異論を問う人も多くて、言葉の使い方の難しさを感じさせられます。
と同時に、わだかまりを持った国々との関係性はいつになったら取り払われるのでしょう。
難しい問題がはらんでいるのでしょうが、国をまとめるトップの人たちは、この先の世界平和に尽力を注いていただけたらと願うものです。
私は今日、父と母が眠る墓参りをしてまいりました。
お盆の15日ということもあるのか、これまで見たことのない沢山の家族連れがお墓参りに訪れていて、家族の絆と平和が浮かび上がる光景でした。
墓参りを終えてから昼食を取りに入った店も家族連れで溢れていて、随分待たされましたが、今の日本は本当に穏やかな国です。
ご先祖様に感謝しないといけませんね。
それではこれにて・・・
お休みなさい。
着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ