娘が届けてくれた夕食の弁当「うな重」に心が満たされるものがありました

  涙市は日を追うごとに来客数が少なくなっているものの、それでもお客様は尋ねてくださいます。

とても有り難く思っておりますが、時間を割いてお越しいただいているかと思うとお客様に合った会話を見つけだして間を取り持つのが接客業というものです。

お喋りがじょう舌ではないために、そのことにとても気を遣うものです。

今日はお客様のいない時間帯もあり、開店から閉店時までしゃべりっぱなしということはありませんでしたが、それでもこのような緊張が4日間も続くと疲労度もマックス。

店を閉めるころにはフラフラになります。

着物を脱いで洋服に変えた後は、決まって仰向けになって大の字になることの多い私です。

そして一休みしてからパソコンを動かし始める訳ですが、この時間になると頭の中を支配しはじめるのが、今日の記事のことと夕食のことで、メールからの問い合わせが入っているときは、その返信のことについても気にかかります。

何一つとっても私が選択した仕事だけに、やり終えなくてはなりません。

なのでこの分岐点で、もう一度リセットしてからパソコンと向き合い夜の仕事が始まるんですね~

これもこの仕事の未来を信じ、お客様との信頼を深めるために欠かせないものだと思っているから、気力が途切れないのかもしれません。

そんな私の体を案じてくれていたのか、長女が夕食の弁当を届けてくれましてね~

閉店後に食材の買い物をしなければならないと思っていただけに助かります。

売場の明かり消し、リセットしてからパソコンを動かす前に夕食を済ませておけば、元気も出るかと思って届けられた弁当を開けてみると、

DSC_0001unazilyuu.JPGなんと、うな重に野菜サラダとインスタントの味噌汁だったんですね~

元気を付けて欲しいという気持ちがお弁当の中にいっぱい詰まっていて、とても嬉しかったです。

子どもたちに何もしてあげることができないのに、そればかりか力を貸してもらってばかりで手のかっかる父親です。

こんな子どもたちに恵まれたことを幸せに思います。

お客様や仕入れ先、そして子どもたちからも教えられる気遣いに、他人には計れない人生の喜びがあるのでしょう。

これも思いどおりにならない現実があるから、素直に受け止められるのかもしれません。

世の中の不満が七大陸最高峰の山の高さまであったとしても、小さな通いあう心が山をも砕く力になるものだと思いたいです。

明日は涙市の最終日。

溜まった疲れをリセットして、残された一日にベストを尽くしてみます。

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ