父の日に提案したい「チーフサシェ」・コロナ騒動で止まることのない中止の嵐に心が痛む

父の日に提案したいチーフサシェ

肌寒い日がここしばらく続いていて、店が提案している商品が気候的に合わなくなっている感じがしますが、その前にお客様の動きが止まっていることが気にかかります。

 

店の情報紙「あ・うん」を持ってお客様周りをしていると親しいお客様は、

「家に閉じこもっていて、たまに出かけるとしたらスーバーくらいかな~。ふくしまさんの店は営業しているの?」

 

こんな感じで食品以外の買い物は自粛している話を聞かされると、この店の夜明けはまだまだ遠いことに気づかされます。

 

物販に限らず飲食関係やサービス業も我慢の日が続いている感じがしますが、この重たい空気を打ち破る切っ掛けを見つけ出せたら皆の顔に笑顔が戻り始めるのでしょうね~

 

夜が明けるのをただ待っているのではなくて、自らの手で知恵を絞って太陽の光を呼び寄せられる店になりたいと願うことから始めることが大切。

カラ元気でもいいから、無駄だと思えることでも真正面から向き合って踏み出すことに心がけたいです。

 

 

さて、母の日が終わり次に控えるのは父の日。

その父の日に向けてこの店らしいものをプレゼンできればと考えているところで、「和柄Tシャツ」に続き二つ目の商品として、お香屋さんから出されている匂袋に「市松柄のチーフサシェ」というものがあります。

 

 

 

父の日に提案したいチーフサシェ
父の日に提案したいチーフサシェ

 

そのチーフサシェを父の日の贈物商品として採り上げてみることにしました。

色は赤・グレー、黒、金茶、緑の5色が用意されていまして、このサシェの中に匂い袋を忍ばせてあるものです。

 

使い方の一つとしてスーツの胸ポケットにチーフを忍ばせて香りを楽しむというのはいかがでしょう。

 

 

 

父の日に提案したいチーフサシェ
父の日に提案したいチーフサシェ

 

使い方が分かればと私のスーツで撮った映像ですが、こんな感じで使っていただけると、汗臭くなる頃でもあり天然香料の香りで爽やか感が出るのではないかと考えています。

 

お値段は一つ900円(本体価格)で、箱の大きさは縦9×横11×厚み1.5㎝と小さいことから、他のものと合わせてお使いいただけるのではないでしょうか。

 

そして義理の兄から夏向きの冷たいマスクが作れないかと相談されまして、本人の希望を聞いて冷たいマスクの試作品をマスクを作っていただいているちりめん細工の先生にお願いしてみました。

 

 

 

冷たいマスク試作品
冷たいマスク試作品

 

その試作品を持って来て下さいました。

内側に仕掛けをしているものの、クリァーしなければならない問題点が幾つかあって簡単ではありません。

 

義理の兄はこの店の強みになればと思って発案してくれたのですが、このマスクの行方はどうなることでしょう。

 

ところで夏の甲子園が中止になったようですが、本当にこの国はどうなってしまったのかと思います。

球児達は言いようのない悲しみと怒りを覚えているのではないでしょうか?

 

私たちの身の回りから生きるためのパワーといいますか娯楽が一つ一つ摘み取られていくみたいで、我慢にも限度があります。

何を優先させるべきなのか常識の範囲では判っていても心が受け入れようとはしません。

 

誰が悪いと言えるものでないだけにやるせなくなります。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ