父の日に「丹後木綿のきもの」はいかが!そしてきもの専門店としての「生き方を貯金」するとは?

丹後木綿を男物としてコーディネート

今日は車で駆けずり廻っていいましたが、この暑さに体力を消耗した感じがします。

店の戻るとグッタリ。

疲れを感じているところです。

 

今年も今年も感染者の広がりを警戒して、花火大会や夏祭りなどの夏の風物詩ともいえるイベントが軒並み中止となり、浴衣の動きがよくありません。

 

改めて地域の夏のイベントが浴衣の需要を促すものになっていたことが分かります。

季節商品を取り上げている店としてはコロナ禍での店作りが難しくなっていて、店が緊急事態になっていると言えるかもしれません。

 

それでも浴衣専門店としてのスタンスで店作りをしているので、この夏を当初の基本コンセプトで押し通すつもりでいます。

 

浴衣に替って販売できる商品が湧き水のように湧いてくるというものでもなく、加えて夏の和装となれば商品も限られます。

となれば店の資源を生かすことが優先されるべきですし、きもの専門店としての「生き方を貯金」することの重要性も感じております。

 

コロナ禍で着物に関心を持っている人が少なくなっていても、お洒落な装いの情報を出し続けることが、この店の専門性を膨らませることになり、今がダメでも数年後には、必ず店の情報を見てくださっている人の心を動かす切っ掛け作りになる。

 

どんな情報を投げても響かない市場だったとしても、見直す点を修正しつつ、専門店としての使命を果たしていくことが、専門店としての生き方を貯金することになるのではないでしょうか?

それは苦しんだ分、専門性が磨かれるものだと思いたいし、貯金した数だけ、「心を動かす利子」というものが付いてくると思いたいです。

 

だから誰も振り向いてくれる人がいなくても、心を腐らすことなく、情報を出し続けることが本来あるべき姿を貯金することに繋がるのでしょう。

 

その意味で、「逃げない・諦めない」をスローガンにコロナ禍と戦わなくてはならないと思っています。

 

さて話題を替えて、今月は父の日が控えているので、着物好きなお父さんにお勧めさせていただきたい木綿の着物があるのでそれを紹介させていただきます。

 

 

 

丹後木綿を男物としてコーディネート
丹後木綿を男物としてコーディネート

 

それは、数日前に店に入ってきた丹後木綿のきものです。

お値段がリーズナブルなことと、木綿という天然素材であることがこの丹後木綿のセールスポイントで、適度な生地の肉厚がシルクの風合いに似た感じを伝えていて、着やすいきものかと思っています。

 

丹後木綿のお値段は税込み価格39,600円で、お仕立て上がり価格は52,800円となります。

 

 

 

丹後木綿と博多織り角帯
                 丹後木綿と博多織り角帯

 

きものは焦げ茶地に白ぼかし細縞柄で、博多織りの角帯に細縞柄となっていて、おしゃれの二重奏って感じかな~

父の日の贈り物としてはお安い品ではありませんが、着物好きなお父さんだったとしたら喜んでいただけるに違いありません。

 

どうか参考にされてください。

 

ということで今日の記事とさせていただきます。

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ