もう一度あの笑顔を見てみたい

昨日に続き小春日和を感じる良いお天気になりました。

 

寒い冬にサンサンと降り注ぐ太陽。

風もなく、静けさの中で疲れた心をほぐしてくれます。

 

この天気に包まれると、嫌なことがあっても自然と消えてしまうから不思議です。

 

自然は時として牙を向けることもあるが、癒してくれることもあったりして、人の力では生み出せないエネルギーを感じていました。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
 

そんな日曜日、午後から娘に教えてもらった地域の振袖対象客情報を元に、ご挨拶廻りに歩くことに・・・。

 

店と関わりを持たない新規の方ばかりです。

 

地図に印を付けた住宅を探し、車を降りて、玄関のチャイムを押す。

インターホンからは「どちらさま」の声が・・・

名前を名乗ると玄関まで出てきて、お話を聞いてくださる方もいらっしゃいますが、大抵は歓迎される事もなく、会話が続かずに終わってしまうことも少なくありません。

 

お父さんが出ていらっしゃた時などは最悪です。

要件を奥様に伝えていただきたいのですが、無表情で口を開いてくれないケースが多くギブアップ。

 

特に振袖の売り込み合戦がエスカレートしているだけに、警戒するのは当然で、わずらわしいセールスが押し掛けて来たと思う事でしょう。

 

それが現実です。

 

ところが、中には笑顔で話をしてくださる方が、ほんのわずかですがいらっしゃいます。

それがお断りの内容の会話であっても、清々しを覚えてしまいます。

 

断られて気持ちがいいとは、商売人としては望ましい感情ではありませんが、ここで言いたい事は「笑顔が持つ力です」。

 

何件回っても無愛想な応対ばかりだと、気持ちが沈んでしまいます。

ところが、笑顔から始まると緊張の糸が緩んで、和やかな会話になるんですね~・・・

そして、印象に残るものです。

 

そのような時に、お母さんの笑顔を思い出しましてね~

彼女は誰にでも笑顔を忘れないで、明るく振る舞う女性でした。

 

思い出すと無性に会いたくなりましてね~

 

 

okaasannnoohaka.JPG

仕事の途中で、お母さんに会いに行ってきました。

 

墓地はこの雪で人が入った様子もなく、静かに太陽の日差しを受け たたずんでいました。

一歩ずつブーツで雪を踏み固めようやく再会です。

 

雪を取り払い、周りを綺麗にしてから近況報告。

 

やはり口説く相手はお母さんしかいません。

手を合わせ、お母さんのあきれた顔を思い出していた私でした。

 

どれだけ時間が過ぎても、寂しさは変わらないものです。

あの笑顔をもう一度見てみたいな~


 
着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 着物・和装

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ